«  2017年2月 8日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2017年2月 8日

歯の病気といえば、虫歯が一番に思い浮かぶのではないでしょうか?でも歯の健康を守るためには、歯だけを大事にするだけでは十分ではありません。そのほかにも大事な部位があります。特に知っておいていただきたい2つの部位について調べていきましょう。

・歯肉
一般的には歯茎と呼ばれています。歯の下にあるピンク色の粘膜です。歯肉の役割は歯を支えているアゴの骨の保護にあります。歯肉があるおかげでアゴの骨がむき出しにならずに、守られているのです。

・歯槽骨
歯の下にある骨のことです。普段は歯茎に覆われているために、見ることはできません。この骨はアゴの骨で、歯を支えるとても大事な骨です。現代病である歯周病は、この骨が破壊してしまうのです。そのために歯が自力で立つことが出来なくなり、歯を失ってしまうのです。いくら歯自体が健康であったとしても、歯槽骨が健康でなければ歯を維持することはできません。まさに歯の健康の基礎ともいえる部位です。

歯の健康というと、どうしても歯だけに目が行きがちです。でも実は歯だけではなく、歯を支えるほかの部位もとても大事であることがわかります。いつまでも元気な口元を維持するためにも、当院でのメンテナンスをおすすめします。

« 2017年2月 1日 | メイン | 2017年2月15日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。