«  2017年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2017年2月22日

歯の痛み!といえば、虫歯と連想する方が多いと思います。しかし実は歯が痛い=虫歯であるというわけではないのです。では虫歯以外にどのような症状が考えられるでしょうか?

例えば冷たい水・熱いもの・刺激物などを口にした時に、歯の痛みを感じることがあるかも知れません。その時はむし歯ではなく、知覚過敏である可能性があります。知覚過敏は一般的に様子を見て症状が治まるのを待ちます。でもどうしても知覚過敏の症状がひどい場合、我慢でいない場合には、歯科的治療で痛みを緩和することが出来ます。

または歯周病が進行してしまって、痛みが生じてしまっているかもしれません。または親知らずが正常な方向に生えていないのかもしれません。または神経の病気かもしれません。

いずれにしても虫歯でないと診断された時でも、痛みがずっと続き、我慢できないという場合には、お気軽に当院までご相談ください。病状の治療は勿論のこと、完治するまでに起こる痛みを軽減する治療も行うことが出来ます。お口の異常を放置してしまうと、後々後悔してしまう結果につながることもあります。変だなぁ!?と思ったらすぐに、当院のスタッフにお尋ねください。

2017年2月15日

歯の構造がどのようになってるのか?と改めて考えてみると、あまりよくわからないという方が多いです。自分の歯を大切にするためにも、歯の健康を守るためにも、歯の構造についてよく知ることは助けになります。そこでここでが歯の構造を外側から順にご紹介していきたいと思います。歯は3つの異なったものからできています。

①エナメル質
歯の一番外側にあるのは、エナメル質です。つまり私たちが見ている歯はエナメル質であると言われています。とても硬い組織で、人間の組織の中で一番硬いとされています。というのも、エナメル質が様々な刺激から歯の中枢である神経を守ってくれるのです。

②象牙質
エナメル質の次にあるのが、象牙質です。歯の大部分は象牙質です。エナメル質とは違いとても柔らかい組織です。

③歯髄
歯の神経だけではなく血管、リンパ管などとても大事な組織が集まっているところです。虫歯になって痛みを感じるのは、歯に神経があるからです。歯髄は栄養補給を行ったり、ほかの組織を形成します。

一言に歯と言っても、3つの組織から成り立つ複雑な器官であることがわかるのではないでしょうか?虫歯などの歯の病気はエナメル質で解決するのが大事です。まずは早めの治療を行うために、異変を感じたらすぐに当院まで来院されることをおすすめします。

2017年2月 8日

歯の病気といえば、虫歯が一番に思い浮かぶのではないでしょうか?でも歯の健康を守るためには、歯だけを大事にするだけでは十分ではありません。そのほかにも大事な部位があります。特に知っておいていただきたい2つの部位について調べていきましょう。

・歯肉
一般的には歯茎と呼ばれています。歯の下にあるピンク色の粘膜です。歯肉の役割は歯を支えているアゴの骨の保護にあります。歯肉があるおかげでアゴの骨がむき出しにならずに、守られているのです。

・歯槽骨
歯の下にある骨のことです。普段は歯茎に覆われているために、見ることはできません。この骨はアゴの骨で、歯を支えるとても大事な骨です。現代病である歯周病は、この骨が破壊してしまうのです。そのために歯が自力で立つことが出来なくなり、歯を失ってしまうのです。いくら歯自体が健康であったとしても、歯槽骨が健康でなければ歯を維持することはできません。まさに歯の健康の基礎ともいえる部位です。

歯の健康というと、どうしても歯だけに目が行きがちです。でも実は歯だけではなく、歯を支えるほかの部位もとても大事であることがわかります。いつまでも元気な口元を維持するためにも、当院でのメンテナンスをおすすめします。

2017年2月 1日

今までなんともなかったのに、突然歯に痛みを感じることがあると思います。特にその痛みが親知らずが原因で起こっている場合には、痛みの原因にはどのようなことがあるでしょうか?

①親知らずが歯茎を押している
親知らずが生える時は、歯茎を押し破って出てくることになります。親知らずが歯茎を押すときに痛みを感じることがあります。

②正常に生えていない
親知らずは縦に生えてくるべきものですが、横・斜めに生えることも珍しくありません。この場合、親知らずが隣の歯を 押すようになります。

③下に歯が無い
親知らずが生えてきたものの、その下に歯がないと、親知らずが下の歯茎にあたります。結果痛みを生じることもあります。

④炎症
途中で生えてこなくなった、汚れがたまってしまったなどの理由で、炎症が起きてしまっていることがあります。親知らずはメンテナンスがとても難しい歯であるために、炎症が起きやすいところです。

親知らずが原因で起こってしまう痛みは、放置しておくと悪化してしまうこともあります。まず異変を感じたらすぐに当院までお越しください。痛みの緩和とともに、原因を取り除いて根本的な治療を目指します。

« 2017年1月 | メイン | 2017年3月 »

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。