«  2017年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年1月25日

歯の痛みというのは突然起こるものです。時間があるときであれば、すぐに歯科医院に行くことができますが、外出先であったり、大事な仕事が控えているなど、どうしても歯科医院に急に行くことができない場合もありますね。そんな時のために知っておきたい一時的な対処法をご紹介していきます。

まずどうしても痛みを我慢することが出来ないのであれば、痛み止めを服用してください。痛み止めを利用することで、一時的に痛みは治まります。だからと言って、歯科医院に行く必要がなくなったわけではありません。痛みの原因は、歯科医院で検査しなければ判断ができず、根本的な治療を行うことができません。痛みの原因を完全に取り除くためにも、できるだけ早い来院をおすすめします。

痛み止めに加えて行ってほしいのが、水やうがい薬などを使って痛いところを清潔にする・消毒することです。こうすることで更なる炎症を防いで、悪化を緩やかにしてくれます。

痛みが治まっているからと放置しておくと、症状が悪化する可能性は大です。まずは応急処置を施したのであれば、できるだけ早く歯科医院での治療を受けるようにしてください。当院では初めての方でも安心していただける治療を目指しています。お気軽にご来院ください。

2017年1月18日

歯科医院での治療を受けたさいには、当然ですが費用が発生します。請求された金額をそのまま支払っているという方も少なくないと思いますが、ここでは歯科治療の費用計算について詳しく見ていきたいと思います。

そもそも歯科治療の費用は診療報酬点数によって決められています。診療報酬点数1点が10円となっており、それに応じた金額が請求されるようになります。

例えば初診の場合は、再診よりも高い治療費になります。それは歯科初診料というものが含まれるからです。この初診料は診療報酬点数によると、218点です。つまり2,180円となり、 この治療費の3割負担となるので初診料として650円が治療費に加えて請求されるようになります。

知っておきたい点として、治療をしている間に別の病気が発生したとします。この時には初診はではなく再診とみなされるために初診料の請求はありません。しかし治療終了後に、別の病気が見つかった際には初診とされて、初診料が追加されます。

ややこしいと思われる方もいらっしゃると思いますが、治療費についての知識を持っていることで損をすることはありません。病院によく行くという方は、知っておくと安心できるのではないでしょうか?当院では治療費についてのご質問・不安などについても、お気軽に相談していただけます。まずはお声をおかけください。

2017年1月11日

どの歯もとても大事な役割を持っています。しかしあえて言うのであれば、歯の中で一番大事といえるのが犬歯と第一小臼歯です。

犬歯と第一小臼歯は歯のカーブのところに位置する歯です。ほかの歯よりも歯根が太く、長いのが特徴となっています。両方の歯はとても敏感な歯であり、触覚に優れています。

特に犬歯は噛み合わせを決定するうえでとても大きな役割を持っています。上下の歯を噛み合わせて下顎だけを横にずらすと、犬歯だけが上下接触している状態になります。つまり歯のかみ合わせの支点となっているのです。このような犬歯を失ってしまうと、お口の中のバランスが崩れてしまいます。そのために歯だけではなく、アゴの動きにも影響を及ぼすことになります。

片側の犬歯だけを失ったとしても、その影響はとても大きいのです。そのために犬歯はとても大事な歯であり、特にメンテナンスに気を付けておきたい歯なのです。犬歯への異常が見受けられる場合には、できるだけ早く歯科医院を訪れることをおすすめします。

2017年1月 4日

血圧が高いということも、血液を滞らせる原因になります。血圧を安定させるため、りんごなどに含まれるカリウムや、野菜や海草などを積極的にとりましょう。
血糖値が高くても、血液を汚すことになります。糖尿病は歯周病のハイリスク要因であり、そのほか、血糖値が高いと、糖が血管壁のコラーゲンと結びついて動脈硬化を進めるのではないかともいわれており、その意味でも、血糖値をきちんとコントロールすることは大切です。
また、りんご、みかん、トマトなどにも血液をきれいにする作用がありますし、大豆や大豆製品にもコレステロールを下げる作用があります。
こうしてみると、昔ながらの和食の中に血液をきれいにするものが多いということを改めて実感できます。
血液をきれいに保つことは、歯周病のみならず、高血圧や糖尿病など生活習慣病を予防するための基本です。今一度、穀類や豆類、いも類や野菜、魚や海草などを中心とした和食を見直していきたいものです。

« 2016年12月 | メイン | 2017年2月 »

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。