«  2016年11月 6日 - 2016年11月12日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年11月 9日

親知らずの抜歯について、簡単にご説明します。

親知らずの抜歯で、よく「腫れた」「何日も痛んだ」「歯を削った」などと言うケースはほとんどは下顎の親知らずの場合です。

下顎の親知らずは、スペース不足の関係から、まっすぐに生えずに横を向いて生えてきてしまったり、歯の一部だけが生え、半埋伏状態になってしまうということが多々あります。

そのようなケースでは、親知らずを抜く際に、歯の頭部分を切断したり、周りの骨を少し削るなどの特殊な処置が必要になります。
その場合に、術後に腫れが出る、痛みが長引くことが生じます。

また、下顎の親知らずの場合には神経にも気をつけなくてはなりません。

下歯槽神経と言う神経が、親知らずの根の先端付近に走っていることがあります。この位置関係をしっかりとレントゲンやCTで確認し、万が一完全に歯の根と、神経の管が接触している場合には、抜歯により神経を傷付けてしまう可能性もあるため、抜歯を見送ることもあります。


あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

« 2016年10月30日 - 2016年11月 5日 | メイン | 2016年11月13日 - 2016年11月19日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。