«  2016年9月25日 - 2016年10月 1日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年9月28日

くさび状欠損(WSD)は、歯と歯茎の境目部分に生じたエナメル質の実質欠損を指します。

これは、以前では歯ブラシの際の圧力が強く、ブラッシングによって歯が削られてしまっているもの、と考えられることがほとんどでした。
しかし、最近ではくさび状欠損の多くは、過剰な咬合力によって引き起こされるものではないかという考えが広まっています。

過剰な咬合力が特定の歯に長期的にかかった場合。エナメル質の一部(歯と歯茎の境目部分)がかけてしまうという現象が起こることがあります。(アブフラクション)

くさび状欠損は、歯の実質欠損のため、知覚過敏の症状が出たり、その部分が虫歯になりやすいなどの問題点があります。

特に症状がなく、くさび状欠損が生じているケースもありますが、症状が出ていなくても、その部分に過剰な咬合力がかかるなんだかの原因、問題点があるということは確かです。
(歯ぎしり、補綴物不良、早期接触など)

お口の中を見てみて、くさび状欠損がある方は、ぜひ一度、その原因が何かを歯科医院で聞いてみてください。原因によっては早期に対応をすることによって、今後起こりうる新たな問題や、他の歯でのくさび状欠損を防ぐことが可能かもしれません。


あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

« 2016年9月18日 - 2016年9月24日 | メイン | 2016年10月 2日 - 2016年10月 8日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。