«  2016年9月14日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年9月14日

歯茎は、肌の色や強さと同じように、人それぞれ異なり、個性があります。

その中で、歯茎が薄い人、厚い人、と言う分類があります。

歯茎が薄い人と言うのは、歯茎の辺縁(歯との境目)のあたりが透けているような感じに見えていたり、新しい歯ブラシを使うと、すぐに歯茎が傷ついてしまうような人です。歯茎の薄い人は、ブラシ圧が少し強いだけでも歯茎が下がってしまい、歯根が露出してしまう、知覚過敏が起きるなどのトラブルが起きやすいです。そのほかにも、歯周病になった際に、歯茎が腫れるよりも、退縮するような症状が出やすいため、歯根露出が激しくなります。

一方、歯茎の厚い人と言うのは、多少のことでは歯茎はダメージを受けません。しかし、歯周病になっても症状が出にくいため、静かに歯周病が進行しているということもあるので注意が必要です。

歯肉は、厚さやその特徴によって、歯ブラシのアドバイスや、歯周病治療の進め方が変わります。

当院では、一人一人の歯茎の状態、特徴に合わせて歯周治療を行っています。
歯周病に関して、気になることはお気軽にご相談ください。


あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

« 2016年9月 7日 | メイン | 2016年9月21日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。