«  2016年8月28日 - 2016年9月 3日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年8月31日

歯の神経を取る治療が行われた歯、もしくは虫歯などにより神経が死んでしまった歯に起こる病気に歯根のう胞というものがあります。

これは歯の根っこの先端に膿がたまって、膿の袋ができてしまうものです。
噛むと歯が痛い、響くような感じがする。歯茎にニキビのようなものができた。などの自覚症状が出ることがありますが、全く無症状の場合もあります。

しかし、根尖のう胞は症状が進行すると、歯だけでなく歯周組織に影響を与え、歯槽骨を溶かし、上顎の場合は、上顎洞炎などの二次的な症状を引き起こす可能性もあります。

歯根のう胞は、神経が死んでしまっている歯で起こります。
歯の神経を取ってしまっている個所がある方は、年に1回はレントゲンを撮影し、根尖の状態を確認してもらいましょう。

歯根のう胞は進行すると治療も困難で厄介なものです。
あまりに悪質なものだと、外科手術をして根を切る必要があったり、最悪の場合歯を失う原因になります。

当院では、根尖のう胞(根尖病巣)に対する治療も積極的に行っています。
マイクロスコープなども使用することが可能ですので、気になる方はお気軽にご相談ください。


あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

« 2016年8月21日 - 2016年8月27日 | メイン | 2016年9月 4日 - 2016年9月10日 »

Categories

  • カテゴリー1

Entries

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。