«  2016年6月19日 - 2016年6月25日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年6月22日

あさい歯科クリニックではインプラント治療に多くの実績があります。


遠方から当院に治療に通っていただいている患者さまもおり、ありがたい限りです。


今回は、特にインプラントをお勧めしたいケースについて少しご紹介したいと思います。


インプラントが特にお勧めのケース


① 大臼歯部の欠損
第一大臼歯(六歳臼歯)第二大臼歯(親知らずを除く一番奥の歯)この二つの歯はかみ合わせにとっても重要な役割を果たし、咀嚼能力に大きな影響を及ぼします。この歯がなくなってしまうと、口腔内全体の咀嚼能率は著しく低下し、ものが噛みにくいだけではなく、他の歯にも負担を与えます。大臼歯部が欠損してしまった場合に、義歯やブリッジではどうしてもその役割をカバーしきれません。そこで、第三の歯とも呼ばれるインプラントで、しっかりと、噛める状態を作ることが必要なのです。


② 欠損部の隣接歯が生活歯である場合
生活歯と言うのは、神経のある歯のことです。隣接歯が生活歯の場合、ブリッジにするためにはその歯を削らなくてはなりません、また義歯にする場合にも多少切削を必要とすることがあります。しかし、インプラントではその必要がありません。また、隣接歯が失活歯の場合でも、ブリッジやインプラントでは、欠損部分の咬合力を引き受けなくてはならないため、歯根が負担を受け、歯根破折などの原因となります。やはり隣接歯のことを考えると、インプラントが第一選択としてはおすすめとなります。


おわかりいただけましたか?
これ以外にもインプラントをお勧めしたいケースはたくさんありますが、わかりやすいケースをご紹介いたしました。


インプラント治療をご検討の方はぜひ一度ご相談ください。


あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

« 2016年6月12日 - 2016年6月18日 | メイン | 2016年6月26日 - 2016年7月 2日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。