«  2018年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« あなたは虫歯と歯周病どちらになりやすい? | メイン | インプラントにかかる費用 »

2016年1月 6日

歯を失ってしまった時に、どのような治療を行うか?

「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」
基本的にはこの3つが選択肢に上がるでしょう。

このなかで、一番トラブルが多く、あまりいいイメージがないもの...たいていのかたは「入れ歯」にあまりいいイメージがないと思います。

入れ歯と言えば、「噛めない」「外れる」「痛い」など、どうしてもマイナスなイメージをされる方も多いと思います。

現実問題、確かに入れ歯にこのような問題を抱える人は多く、入れ歯を使用している人の半分以上は、その使い心地に満足していないとも言われています。

確かに、健康保険の入れ歯は、お口の中にばねでプラスチック製の人工の歯茎、人工の歯をひっかけておくものなので、使い心地はあまりいいとは言えません。ですが、

実は健康保険外であれば、ばねがないタイプの入れ歯や、人工の歯茎部分を薄い違和感の少ない金属性のものにすることができます。

このような自費治療での入れ歯は、いくつか種類はありますが、使い心地も比較的自然で、保険の入れ歯に比べてその後の調整も少なく、痛みや、外れるなどのトラブルも少なくなっています。

あさい歯科クリニックでは様々な種類の入れ歯を取り扱っています。入れ歯でお悩みの方はぜひご相談ください。

あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/522

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。