«  2016年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年1月27日

歯医者の治療の中でも、「麻酔」の注射が痛いので嫌いと言う人は多いのではないでしょうか?ですが、麻酔は虫歯の治療や抜歯ではほとんどのケースで必要となり、歯科治療で避けては通れないものの一つです。

では、なぜ麻酔の注射は痛いのでしょうか?

【麻酔の注射が痛い原因】
・麻酔の針が刺さるときの痛み。
・麻酔液を入れる際の圧力による痛み。
・麻酔液が冷たく、体温との差により感じる痛み。
・麻酔の針を刺す場所による痛み。
・緊張により引き起こされる痛み。

麻酔の注射が痛い理由にはこのようなものが考えられます。

当院では、この原因を全て取り除き、痛くない麻酔の注射を行うようにしています。麻酔の注射が痛ければ、そのあとの治療がいくら痛くなかったとしても、やはり歯科治療は痛いものだと感じてしまいます。

当院では、無痛治療のために、従来の痛い麻酔方法を見直し、痛くない麻酔方法を採用しています。無痛治療を実施しています。

あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

2016年1月20日

当院ではインプラント手術の際に、ご希望の患者さまに「静脈内鎮静法」という、麻酔を使用させていただいています。

静脈内鎮静法とは、麻酔の点滴を静脈内に入れ、半睡眠状態で手術を受けていただける麻酔法です。

全身麻酔とは違い、意識が完全になくなることはなく、こちらの呼びかけにも対応できる程度でうとうとした状態でリラックスして手術を受けていただけます。(ご希望によってはほぼ眠った状態にすることも可能です。)

静脈内鎮静法は、歯科医師の中でも特別な臨床経験を持った「麻酔医」でなくては行うことができません。

当院では、専門の歯科麻酔医がおりますので、患者さまの全身状態をしっかりと把握しながら、適切な麻酔処置をとらせていただきます。

静脈内鎮静法は、副作用も少なく、安全性の高い麻酔方法です。点滴を終了すれば、数分で目がさめ、歩行や日常生活が可能です。(車、バイク、自転車の運転などは数時間避けてください。)

インプラント治療に不安がある方、でいるだけリラックスして治療を受けたいという方はぜひご相談ください。当院には麻酔専門医も在籍しております。

あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

2016年1月13日

インプラントは、歯を失った部分に対する治療法の中でも、最も天然歯に近い状態を回復できる非常に画期的な治療方法です。ですが、インプラントをする上で誰もが気になるのは「費用」ではないでしょうか?

インプラント治療は健康保険の適応外の治療方法であり、実費での費用負担となってしまいます。そのため、1本インプラントを入れるためには40万円前後の費用がかかります。この費用。皆さんはどのように思いますか?

40万円と言うと、とても大きな金額です。ですが、インプラントは毎日、1日に何度も(食事の度に)使うものです。

当院でのインプラントには10年保証を付けていますので、40万円÷10年÷365日=約110円。最低でも10年間は使えるという前提で計算をすると、インプラント1本あたりにかかる費用は1日あたり約110円となります。

ですが、実際インプラントは10年以上持つことがほとんど。きちんと定期メンテナンスとセルフケアを行っていれば、半永久的に使用することができるものです。

例えば、20年使えたとしたら1日約55円。30年使えたとしたら1日約37円。このように考えると、インプラントもそれほど高額な治療ではないように思えてきませんか?

インプラントは非常に費用対効果の高い治療法ではないかと、私は考えています。


インプラントセンターあさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/


2016年1月 6日

歯を失ってしまった時に、どのような治療を行うか?

「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」
基本的にはこの3つが選択肢に上がるでしょう。

このなかで、一番トラブルが多く、あまりいいイメージがないもの...たいていのかたは「入れ歯」にあまりいいイメージがないと思います。

入れ歯と言えば、「噛めない」「外れる」「痛い」など、どうしてもマイナスなイメージをされる方も多いと思います。

現実問題、確かに入れ歯にこのような問題を抱える人は多く、入れ歯を使用している人の半分以上は、その使い心地に満足していないとも言われています。

確かに、健康保険の入れ歯は、お口の中にばねでプラスチック製の人工の歯茎、人工の歯をひっかけておくものなので、使い心地はあまりいいとは言えません。ですが、

実は健康保険外であれば、ばねがないタイプの入れ歯や、人工の歯茎部分を薄い違和感の少ない金属性のものにすることができます。

このような自費治療での入れ歯は、いくつか種類はありますが、使い心地も比較的自然で、保険の入れ歯に比べてその後の調整も少なく、痛みや、外れるなどのトラブルも少なくなっています。

あさい歯科クリニックでは様々な種類の入れ歯を取り扱っています。入れ歯でお悩みの方はぜひご相談ください。

あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。