«  2015年11月 4日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年11月 4日

むし歯の程度がひどい場合、菌に感染した歯の根っこの組織(歯髄)を取り除く治療を行うことが必要になります。それが、根管治療です。


根管治療は整った治療環境と高いレベルの技術が求められ、一般に難易度の高い治療と言えます。そのため、根管治療が失敗したという声も聞かれることがあるかもしれません。


それでは、根管治療が失敗するということは、どのようなことを言うのでしょうか?


根管治療で行うべき最も重要なことは、歯の根っこを侵している菌を確実に除菌することと、感染の再発防止です。そのため、根管治療が失敗するということは、菌が根管に残された状態で治療が終わってしまうことであると言えます。菌が残された場合、再び症状が悪化して再治療が必要となります。


そのような失敗を防ぐために歯科医院が注意するべきことは、無菌的処置を徹底することです。具体的には、治療中は根管に菌が入らないよう滅菌処理された器具を使うことや、除菌システムを院内に整備することが重要となります。また、このような除菌のための処置は、根管治療のみならずインプラント治療でも大切なことでもあります。


なお、当院では治療を成功に導くため、高圧蒸気滅菌器やホルマリンガス滅菌器など高いレベルの滅菌・消毒設備を備えています。


安心の根管治療は、大学病院並みの除菌システムが整備された当院へご相談下さい。
http://www.asai-implant.net/

« 2015年10月28日 | メイン | 2015年11月11日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。