«  2015年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年11月25日

当院では、お子様の矯正をご希望の方には、できるだけ早めに最初の受診をしていただきたいと考えています。


歯列不正が引き起こされる理由は、様々ですが、その中でも最も多いのが、歯のサイズと、顎のサイズとの不調和です。
顎の歯が生えてくることのできるスペースに対して、歯の横幅が大きい状態だと、どうしても歯が並びきらず、そのため歯並びが整わず、八重歯になったり、歯と歯が重なったりしてしまいます。
小児矯正では、この歯と顎のサイズとの不調和を起こさせないようにする矯正です。
具体的には、顎の成長期を利用し、顎のサイズを歯のサイズに合わせて、適切な方向に、適切なサイズに成長するようにコントロールしてあげるのです。
これができると、非抜歯での矯正が可能になるほか、自然な歯並びで、後戻り(矯正後に歯並びが元に戻ってしまうこと)も起こりにくく、非常にスムーズに矯正治療を終えることができます。


そして、この顎の成長を利用するためにはその適切な時期を見極めることが重要です。


そのため、お子様の歯並びに不安がある場合はできるだけ早い時期に来院していただき、状態を確認させていただき、定期的に顎の成長や、歯の成長(乳歯と永久歯との生え替わりなど)を見させていただきながら、最適な時期に矯正治療をスタートさせていただきたいのです。


あさい歯科クリニックでは、小児矯正のご相談も受け付けております。
あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

2015年11月18日

あさい歯科クリニックの矯正歯科では、混合歯列期(乳歯が永久歯に生え替わる時期)のお子様に「プレ矯正」をご用意しています。


プレ矯正とは・・・?


プレ矯正とは、乳歯と永久歯との生え替わりの時期にあたる6歳から12歳ごろの混合歯列期と呼ばれる時期に、専用のプレ矯正装置を装着し、舌癖や口呼吸など、歯列不正の原因となるものを矯正し、正しい顔やあごの発育を助け、永久歯を正しい歯の位置に導くための矯正です。この時期に、プレ矯正を行うことによって、永久歯での歯列不正を未然に防ぐ、もしくは、歯列不正が起こってしまった場合にも、重症化しないようにすることができます。


舌癖や口呼吸と言うのは、非常に厄介なもので、その癖がある状態では、歯列不正を引き起こす原因となるだけでなく、通常の矯正治療を行った際にも、なかなか歯が動かない、安定しない、後戻り(もとの位置に歯が戻ってしまう)の原因となり、矯正がうまくいかなくなる大きな要因となります。
また、大人になってからこのような癖を直すというのは非常に難しいことです。


プレ矯正装置は、上下が一体化したマウスピース型の装置で、寝ている時や自宅にいるときに装着し、毎日10分ほど、指定のトレーニングを行っていただくだけの気軽なものです。


お子様の将来の歯並びが心配と言う方は、ぜひご相談ください。


あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

2015年11月11日

インプラント治療をはじめとして、全般的に歯科治療を成功させるためには、使用する医療器具が確実に滅菌処理されていることが必須となります。


もし、院内の衛生管理が不十分な環境であったり、細菌が残された器具で治療を進めたりすれば治療が失敗につながりやすく、場合によっては患者さまに感染症を引き起こしてしまうことも考えられます。

そのため、歯科治療を行う場合は、本来は院内で衛生管理を十分に行い、また使用する器具については徹底した滅菌処理を施すことが重要です。


滅菌処理で使用する装置はいくつかありますが、今回は当院でも導入している「HOLL HOPE Dental」についてご紹介したいと思います。HOLL HOPE Dentalは、アスカメディカル社が提供するガス滅菌器で、ホルマリンの持つ作用で治療用器具を滅菌します。


ホルマリンという物質は非常に強力な滅菌作用を持ち、数多くの細菌に対して有効です。ホルマリンに含まれるホルムアルデヒドはタンパク質を変性させる作用を持ち、タンパク質が持つ機能を失わせます。このような強力な作用により、例えば肝炎ウイルス、HIV、MRSAなど、重篤な病気を引き起こす細菌にも効果を発揮するほどです。


ホルマリンは強力な作用を持つことから人体に対しても有害ではないかと思われますが、滅菌処理をした後は機材へホルマリンが残ることはなく、そのため患者さまへ悪影響を与えることはありません。


なお、HOLL HOPE Dentalはガスによる滅菌処理になるため、プラスチック製やゴム製など、高温高圧での滅菌に耐えられない素材の器具にも有効です。


当院では、歯科治療を成功に導くため徹底した衛生管理を行っております。
http://www.asai-implant.net/

2015年11月 4日

むし歯の程度がひどい場合、菌に感染した歯の根っこの組織(歯髄)を取り除く治療を行うことが必要になります。それが、根管治療です。


根管治療は整った治療環境と高いレベルの技術が求められ、一般に難易度の高い治療と言えます。そのため、根管治療が失敗したという声も聞かれることがあるかもしれません。


それでは、根管治療が失敗するということは、どのようなことを言うのでしょうか?


根管治療で行うべき最も重要なことは、歯の根っこを侵している菌を確実に除菌することと、感染の再発防止です。そのため、根管治療が失敗するということは、菌が根管に残された状態で治療が終わってしまうことであると言えます。菌が残された場合、再び症状が悪化して再治療が必要となります。


そのような失敗を防ぐために歯科医院が注意するべきことは、無菌的処置を徹底することです。具体的には、治療中は根管に菌が入らないよう滅菌処理された器具を使うことや、除菌システムを院内に整備することが重要となります。また、このような除菌のための処置は、根管治療のみならずインプラント治療でも大切なことでもあります。


なお、当院では治療を成功に導くため、高圧蒸気滅菌器やホルマリンガス滅菌器など高いレベルの滅菌・消毒設備を備えています。


安心の根管治療は、大学病院並みの除菌システムが整備された当院へご相談下さい。
http://www.asai-implant.net/

« 2015年10月 | メイン | 2015年12月 »

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。