«  2015年10月28日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年10月28日

インプラントをご希望されても患者さまの骨量が足りない場合は、インプラント体を埋める土台が足りないため、そのままでは治療を進めることは出来ません。


しかし、近年では骨が足りない患者さまでもインプラント治療ができるよう、骨を人工的に再生する技術が開発されてきました。現在、様々な骨再生法がありますが、今回は当院でも行っているGBRについてご紹介します。


GBRは骨誘導再生法とも言われ、骨が足りない部分に医療用の特殊な膜(メンブレン)を被せて骨の再生を誘導します。


GBR法の具体的な手順としては、インプラントを埋入する前に移植用の骨を準備することから始まります。移植用の骨は、ハイドロキシアパタイト等を素材とした人工骨が用いられます。あるいは、ご自身のオトガイ部の骨(下前歯の下部に存在する骨)から採取したものを活用する方法もあります。

そして、ブロック状の移植骨を骨量が足りない部位へ備え付け、その上にメンブレンを覆って専用のピンで止めます。そして、数カ月(個人差が有ります)が経過した後に骨が正常に造成されたことを確認できれば、メンブレンを取り除き、インプラント手術を開始します。


以上の工程で、骨が足りない患者さまでもご希望のインプラント治療を進めることができます。


当院では、骨が足りない患者さまでもインプラントが出来るよう、様々な治療を行っています。
http://www.asai-implant.net/

« 2015年10月21日 | メイン | 2015年11月 4日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。