«  2015年10月21日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年10月21日


「親知らず」という歯は最も奥に位置する8番目の歯のことで、この歯の周辺に炎症が発生し、痛みや腫れが出てきやすい患者さまもいらっしゃいます。


親知らずに痛みが出やすい一番の理由は、最も奥に位置することから汚れがたまりやすいことが挙げられます。また、顎の大きさ等の影響で親知らずが傾いて生えている場合は尚更ブラッシングが困難になるため、汚れがさらに蓄積されやすい環境になっています。


親知らずの周辺に汚れが蓄積すれば細菌が益々繁殖するため、炎症を引き起こすことになります。それでも、その痛みを我慢して放置される方もいるようです。


それでは、親知らずの痛みを放置しておくと、どのようなことが起きるでしょうか?その場合、主に以下の症状を引き起こす可能性があります。


●むし歯が発生する
歯ブラシが届きにくい状態であることから、歯に汚れが付着したままになり、むし歯になります。

●口臭が発生する
汚れが溜まればプラークが増殖し、プラークから臭いが出てきます。また、化膿していた場合は、膿の持つ特有の臭気が発生します。

●歯並びが悪くなる
親知らずが斜めに不正な状態で生えていれば、周辺の歯を圧迫してしまい、年齢とともに歯並びが乱れてきます。

●細菌が身体へ広がる
親知らず周辺の増殖した細菌が、歯肉の血管から侵入し、血液に乗って身体へ運搬されてしまうことがあります。その場合、肺や心臓にも炎症が発生することもあり、命にかかわることもあります。


親知らずの痛みを放置すれば、以上のような問題が出てきやすくなり、それだけ治療が困難になります。そのため、痛みに気づいた時は、我慢せずに歯科クリニックを受診することが大切です。


当院では、親知らずの難しい症例でも治療を行っております。
http://www.asai-implant.net/

« 2015年10月14日 | メイン | 2015年10月28日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。