«  2015年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年9月30日

歯周病が進行すると、歯周病菌によって歯周組織が徐々に壊されていきます。歯周組織とは、歯肉、歯根膜、歯槽骨、セメント質から構成されているもので、いわば歯を支える大切な組織といえます。


歯周病が進行して歯槽骨が失われてしまえば、従来の治療では歯槽骨を回復させることは困難でした。しかし、近年では歯槽骨を回復させる治療法が開発されてきており、その中でも「エムドゲイン」が話題になっています。そこで今回は、当院でも扱うエムドゲインについてご紹介します。


エムドゲインとは歯槽骨を再生させる薬剤で、患部に注入することにより薬剤の作用で骨の再生を促します。エムドゲインは、豚の歯胚(歯の芽に該当する組織)から抽出したタンパク質で、正式にはエナメルマトリックスデリバティブと呼ばれる成分になります。


この薬剤を注入することで歯が生成される時と同様の環境が整えられ、歯の周辺の骨が再生されるという仕組みになります。


なお、失われた歯槽骨の全てを完全に回復させることはエムドゲインでも困難であり、また再生可能な骨の状態やその他の条件も求められます。そして、患者さま自身による適切なブラッシングの習慣も必要です。


それでも、従来は困難であった歯槽骨の再生が望めるようになるため、重度歯周病の患者さまにとって、エムドゲインは期待できる治療法と言えるでしょう。


当院では、重度の歯周病でも患者さまに最適な治療を行っております。
http://www.asai-implant.net/

2015年9月23日

お子さまの歯の問題では主にむし歯が多いと思いますが、噛み合わせも心配事の一つではないでしょうか。


噛み合わせが悪い状態のまま成長すると、むし歯になりやすいことや見た目の問題が残ることだけでなく、成長してから全身の健康にも影響してしまいます。そのため、お子さまの歯並びに問題がある場合は、早めの治療が大切です。


お子さまの歯並びの悪さには様々なパターンがありますが、今回は、反対咬合と呼ばれる状態の治療法をご紹介します。


反対咬合とは下の歯が前に突き出る状態であり、一般に「受け口」とも呼ばれます。乳歯列期(3~4歳)での反対咬合を矯正する方法としては、ムーシールドと呼ばれるマウスピース型の矯正装置を使用することが効果的です。


ムーシールドによる噛み合わせ改善の原理は、口周りの筋肉のバランスを整えることにあります。反対咬合が生じる要因の一つとして、口周りの筋機能が不調和な状態になっていることが挙げられます。そこで、ムーシールドを装着することで、筋肉の不調和な状態を正しい状態へと誘導し、その結果、顎骨の正常な発育を促進することができます。


ムーシールドの装着は就寝時に行い、1年間を目安に使用して頂きます。おおよそ1年で改善されることが多いと報告されています。


当院では、お子さまの噛み合わせを改善する様々な治療を提供しております。
http://www.asai-implant.net/

2015年9月16日

歯の見た目を美しくしたい場合、患者さまのご要望や予算に応じて様々な方法をご提案することができます。その中でもセラミック素材のものは耐久性、審美性ともにとても優れているため、大変注目を集めています。


今回は、数あるセラミック治療の中でも、当院でも扱う「プロセラ」と呼ばれるものをご紹介します。プロセラとはオールセラミックシステムの一つで、審美歯科分野で世界的に有名なノーベルバイオケア社が提供しています。


通常のオールセラミックでも耐久性は十分に備わっているのですが、噛み合わせが強い方で、特に奥歯に力が加わりやすい場合は、奥歯に装着したセラミックが破損する場合があります。しかし、プロセラを活用すれば、オールセラミックでも強度を遥かに高めることが出来ます。


また、プロセラではCAD/CAMと呼ばれるコンピュータ支援設計/製造によって義歯が作成されます。患者さまの歯型を採取から得られるデータをノーベルバイオケア社へ送信し、同社のプラントにてコーピングと呼ばれるセラミック冠の骨組みが作成されます。そして、そのコーピングに患者さまのご要望に合わせたセラミック素材をつけることで、義歯が完成します。


プロセラのこのような工程で、患者さまに最も適合した高精度な義歯に仕上げることが可能となっています。


当院では、患者さまのご要望に合わせた高精度な義歯を提供することができます。
http://www.asai-implant.net/

2015年9月 9日

自費診療の詰め物や被せ物として、近年では様々な素材が提供されています。


その多くがセラミック素材になりますが、その中でも最も美しいとされているものが、ジルコニアです。今回は、人工ダイアモンドとも言われるジルコニアという素材についてご紹介します。


ジルコニアは、レアメタルであるジルコニウムと呼ばれる物質の酸化物で、当院ではオールセラミック治療の素材の一つとして提供しております。その特徴は多岐に渡り、主に以下のメリットが挙げられます。


[ジルコニアのメリット]
・隣接の天然歯と調和するような自然な色に仕上げることが出来る。
・耐久性や耐腐食性に優れており、また、生体親和性も高く身体に優しい。
・プラークが付着しにくく、口の中の環境を清潔に保ちやすくなる。
・金属素材を使用しないため、金属アレルギーの方にも適応可能。
・変色しにくい。


このように、ジルコニアには様々なメリットが挙げられますが、デメリットとしては、その他の素材と比べて割高になってしまうことです。それでも、ジルコニアは審美歯科治療の中でも、最も美しく最も強度が高い部類になりますので、見た目や耐久性を最も重要視する患者さまには最適な素材と言えます。


ただし、ジルコニアを使用すれば無条件に美しく仕上がるというわけではなく、確かな腕を持った術者の技術はやはり求められます。そのため、技量によって仕上がりが異なることがありますが、当院は全国的に高い技術で知られる技工士と連携しているため、患者さまのご期待に応えることができております。


美しさと耐久性のある歯をご希望の場合は、ジルコニアを扱う当院へご相談下さい。
http://www.asai-implant.net/

2015年9月 2日

むし歯治療で削った部分には、補綴物(詰め物や被せ物)で補うことになりますが、従来は保険適用の銀歯が主流でした。


たしかに、銀歯は割安で耐久性が高いというメリットがありますが、口を開けた時に金属部分が見えて見た目が気になることはないでしょうか?また、そもそも金属アレルギーの方には銀歯は適さないという問題もあります。


そこで、金属特有の見た目が気になる方や、体質的に金属アレルギーの問題がある方には、金属素材を使用しない自費診療の補綴物を提案しております。自費診療の補綴物にはオールセラミックをはじめとして様々なタイプがありますが、今回は、「e-max(イーマックス)」と呼ばれるタイプの補綴物をご紹介します。


e-maxは、主成分としてガラス(二ケイ酸リチウムガラス)が含まれたセラミックであり、その透明感と綺麗な色調は、天然歯に匹敵するほどの美しさを備えています。


e-maxは見た目の美しさ以外にも、主に以下のメリットがあります。
・長期間使用を続けても、ほとんど変色が起きない。
・金属アレルギーの方にも適応可能。
・強度が高く、歯を食いしばっても壊れにくい。
・汚れが付着しにくい。
・ジルコニアよりも割安。


美しさと耐久性を備えた素材としてジルコニアが人気ですが、近年ではe-maxも注目を集めている素材です。


当院では、患者さまの歯を美しくする様々な審美歯科治療を提供しております。
http://www.asai-implant.net/

« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。