«  2015年6月28日 - 2015年7月 4日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年7月 1日

歯が全て失われた場合は、総入れ歯として従来から保険適用のプラスチックが広く使われてきました。


しかし、保険適用の入れ歯はプラスチック部分に厚みがあり、装着に違和感がどうしても出てしまいます。また、食べ物の熱も伝わりにくいため温かい食事を楽しむことも難しくなるでしょう。


そのような総入れ歯のデメリットを改善したものが、金属床義歯と呼ばれる入れ歯です。総入れ歯の土台部分にはプラスチック製素材の代わりに金属を使用したものになります。
自費治療ではありますが、患者さまのお口の環境に合わせて金属で製作するためプラスチックのものより薄くなり、また熱が金属部分を伝わるため食べ物の温感も楽しめます。とてもフィット感のよい装着になると思います。


なお、金属床義歯は金属部素材を使用するということから、やがて金属特有の腐食が始まるのではないか心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、その点は心配ございません。


金属床義歯で使用される材料は腐食することがない素材で出来ており、むしろ金属ならではの強靭さで入れ歯が長持ちします。そのため長期間に渡り、快適なお口の環境を保てるでしょう。


デメリットがあるとすれば、金属アレルギーの方には適応不可の可能性があることで、アレルギーの心配がなくご予算の都合がつく場合は、金属床義歯による入れ歯がオススメできます。


入れ歯治療をご検討の際は、入れ歯治療専門のドクターが担当する当院へご相談下さい
http://www.asai-implant.net/

« 2015年6月21日 - 2015年6月27日 | メイン | 2015年7月 5日 - 2015年7月11日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。