«  2018年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年6月13日

ホワイトニング治療は、健康な歯を削らずに歯を白くする方法で、黄ばんでいる歯も白く美しい歯にする事ができます。
しかし、ホワイトニングをしても、白くならない歯/白くなりにくい歯があるので、ご説明していきたいと思います。

<白くならない歯>
・ 人工の歯
虫歯の治療などで、被せ物や詰め物をしている部分は白くなりません。
前歯の治療でよくあるのが、小さな虫歯を歯科用レジン(プラスチック)で詰める治療です。
ホワイトニングをしても、歯科用レジンの部分の色は変わりません。
周りが白くなると、詰め物部分が目立ってしまう事があり、やり替えが必要になる事があります。

・ 神経が無い歯
虫歯の治療などで、歯の内部にある神経を除去してしまった歯は、ホワイトニングを行っても白くなりません。

<白くなりにくい歯>
・ テトラサイクリン歯
小さい頃に服用したテトラサイクリン系抗生物質の影響で、歯が、グレーがかった黄色に変色している場合、通常のホワイトニングではなかなか白くならない場合があります。
現在では使用が控えられていますが、40歳代前後の方では悩まれている方も多いです。

・ エナメル質形成不全の歯
何らかしらの原因で、歯の表面のエナメル質が未成熟の状態で生えてきてしまい、エナメル質形成不全になっている場合、思うようなホワイトニング結果がでない事があります。
症状の程度や歯の状態によって、ホワイトニング効果は異なるので、事前に確認が必要です。

・ 黄ばみが強い歯
加齢などで、歯の黄ばみが強い場合、1回のホワイトニングでは、思うように白くならない事があります。

ホワイトニング効果は個人差があります。
これらのように白くならない歯/白くなりにくい歯があった場合でも、他の治療方法と組み合わせる事で、満足できる見た目に改善できる場合もあります。

当院では、ホワイトニングなど審美歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-dc.net/whitening/

2018年6月 6日

小さい頃「しっかり噛んで食べなさい!」と言われた事のある方も多いでしょう。
なんとなく「しっかり噛んだ方が良いのだろうな...」とは思っていても、実際、よく噛む事にどのようなメリットがあるのか知らない人も多いのではないでしょうか。

今日は、「よく噛む事のメリット」についてお話したいと思います。

"よく噛む事"は、実はとてもメリットが多い行為です。
胃腸に優しいだけでなく、虫歯や歯周病・口臭の予防、それに美容効果もあるのです。

・ 胃腸の働きを高める
よく噛むと、消化酵素の分泌が促進され、胃腸の働きを高めます。
消化吸収がスムーズになる事で、食べ物の栄養素が効率よく体内に行き渡り、健康的です。

・ 虫歯、歯周病、口臭を予防する
よく噛む事で、唾液の分泌が促進され、唾液の「抗菌作用」や「自浄作用」が高まり、虫歯や歯周病、口臭の予防になります。

・ 肥満の防止
よく噛む事で、満腹感を得やすくなり、肥満の防止になります。
食べ過ぎを防ぎ、身体に優しく、ダイエットをする事ができます。

・ 脳の働きを活性化する
噛む事は、脳への刺激になります。
よく噛む事で、脳への血流が増加して、記憶力や判断力が向上したというデータもあります。高齢の方では、認知症の予防にも効果的です。

よく噛む事は、メリットがたくさんあります。
歯やお口の健康だけでなく、全身の健康や美容にもつながります。
今日からでも、"よく噛む事"を意識して食事をしてみましょう。

当院では、一般歯科治療を行っております。
お口の中の様々な悩みをご相談いただけます。
ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-dc.net/

2018年5月30日

「口臭」はとてもデリケートな問題です。
人になかなか聞く事ができないので、自分の口臭を過剰に気にしてしまう場合があります。

実は、「口臭」とは誰にでもあるものです。誰にでもある自然な範囲の口臭は「生理的口臭」といわれます。
口臭が正常の範囲を超えている場合には、虫歯や歯周病など他に原因がある「病的口臭」の可能性があり、治療が必要になります。

誰でも、口の中には細菌が存在していますが、普段は、唾液の抗菌作用によって、口臭も抑えられています。
起床時や空腹時、緊張時には、唾液の分泌が減少すると、細菌が増殖し、臭いの元となる揮発性硫黄化合物(VSC)の産生が活発になり、臭いが強くなります。

生理的な口臭は、病気が原因では無いため、お口のケアで口臭を軽減させる事ができます。生理的口臭の予防におすすめのポイントを2つ紹介したいと思います。

(1) 唾液の分泌を促す
唾液がたくさん分泌されると、唾液の持っている「抗菌作用」や汚れを洗い流す「自浄作用」が促進され、口臭の予防につながります。
よく噛んで食事をする事や、お口の周りにある唾液腺をマッサージするのが効果的です。

(2) 舌磨き
舌の上には、たくさんの細菌や汚れが付着しています。
歯に付いている汚れよりも、舌に付着している汚れの方が口臭の原因となっている事も多いので、歯磨きと合わせて「舌磨き」も習慣にしましょう。


当院では、口臭のご相談や治療も行っております。
ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-dc.net/prevention/foul-breath/

2018年5月23日

鏡を見た時に、歯並びがガタガタとしていると、気になるものです。歯並びの悪さにコンプレックスを感じている人も少なくありません。
当院では、口元にお悩みを抱えている方が安心して治療を受けていただける矯正治療を行っています。

しかし矯正治療は、見た目だけを回復するだけではありません。
歯並び/噛み合わせを改善によって、虫歯や歯周病のリスクを減少させたり、食事や会話をしやすくする事ができます。

矯正治療が必要な歯並びは、見た目が明らかに凸凹としている物だけではありません。
不正咬合(悪い歯並び)には、様々な種類があるので、代表的なものを紹介していきたいと思います。

<不正咬合の種類>
・ 叢生(そうせい)
乱杭歯(らんぐいば)とも言われます。歯並びが凸凹になったり、重なり合ったりしている状態です。

・ 上顎前突(じょうがくぜんとつ)
いわゆる「出っ歯」です。上の前歯が傾いていたり、上顎全体が前に出ていたりする状態です。

・ 下顎前突(かがくぜんとつ)
「受け口」ともいわれます。下の歯が前の歯より、前に出ている状態です。

・ 開咬(かいこう)
上下の歯を合わせようとした時に、奥歯は噛み合っていても、前歯の上下は隙間が開いてしまっている状態です。前歯が開いているため、食べ物を噛み切る事ができません。

・ 過蓋咬合(かがいこうごう)
上の歯と下の歯の重なりが深く、前から見た時に、下の前歯が見えないほど噛みこんでいる状態をいいます。

・ 空隙歯列(くうげきしれつ)
いわゆる「すきっ歯」の状態です。歯と歯の間に隙間があります。乳歯の時期は、隙間がある事が正常となりますので、問題ありません。

このように、ぱっと見ただけでは、歯並びが悪い事に気がつかないようなものもあります。
自分の歯並びに当てはまるものはありますか?一度チェックをしてみてください。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-implant.net/1010various/

2018年5月16日

口の中に口内炎ができると、とても気になりますよね。
そんな口内炎には、いくつか種類があります。放っておいて治るものがほとんどですが、中には受診をした方が良いものもあります。
口内炎の種類を知って、適切な対処ができるようにしておく事が大切です。

<口内炎の種類>
・ アフタ性口内炎
口内炎の中で最も一般的な種類です。白っぽい潰瘍ができて、周囲の粘膜が赤くなります。免疫力の低下や、栄養不足、ストレスなどが原因になるといわれています。
数日で自然に治るので、放っておいて問題ありません。
ただし、なかなか治らない場合や、繰り返し口内炎ができる場合には、一度受診をするようにしましょう。

・ ウイルス性口内炎
ヘルペスウイルスや手足口病のコクサッキーウイルスといったウイルスに感染することで発生する口内炎です。
びらんやただれができるのが特徴です。抗ウイルス薬による治療が必要になるので、受診が必要です。
手足口病の場合には、手や足にも水泡ができます。小児科を受診しましょう。

・ カタル性口内炎
入れ歯や矯正装置の不具合、飲食物でのやけどなど、物理的な刺激が原因となる口内炎です。
口の中にできた傷に、細菌が感染して口内炎になります。
入れ歯や矯正装置が粘膜に当たっている場合は、歯科受診をして当たる部分を修正する必要があります。

その他、なかなか治らない口内炎や、同じ場所に何回もできる口内炎、痛みが強い口内炎など、異常を感じる時には、早めに受診をするようにしましょう。
ごく稀ですが、口の中にできる癌と関係がある場合もあります。

当院では、一般歯科診療を行っております。
口内炎などお口の中の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-implant.net/

2018年5月 9日

キシリトールは、虫歯予防効果のある天然甘味料です。

「キシリトール」は、ガムや歯磨き粉などに含まれており、CMなどで耳にする事も多く、知っている人も多いでしょう。キシリトールは、シラカバやカシの木からとれる「キシランヘミセルロース」を原料に生成された「天然甘味料」です。

キシリトールは、ショ糖などの甘味料と違い、虫歯の原因になりません、それだけでなく、虫歯の発生を防ぐ甘味料でもあります。

キシリトールを摂取すると、虫歯の原因となるミュータンス菌の活活動を弱める働きがあります。またプラークをつきにくくする効果と、はがれやすくする効果、歯の再石灰化を促す効果があります。

キシリトールであれば、何でも良いわけではありません。キシリトールの含有量が多いものを選ぶと効果的です。市販のものではキシリトールが50%以下の製品もありますが、それではあまり意味がありません。
歯科医院で販売しているキシリトールは、100%のものがほとんどです。含有量が多いもの、できれば100%のものを使うのがおすすめです。

また、いくらキシリトールが含まれていても、他の甘味料も多く含まれているようでは意味がありません。虫歯予防効果を十分に発揮させるためには、シュガーレスまたは糖類0gの商品を選びましょう!

当院では、予防歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-dc.net/prevention/

2018年5月 2日

ノンメタル治療とは、金属を使わないし歯科治療法です。また、過去に歯科治療で埋め込まれた口腔内の金属を、他の材質に置き換える治療を行います。
見た目が美しくなるだけでなく、金属アレルギーの原因を取り除く事で、健康面に関しても優れている治療だといえます。

一般的に歯科治療では、金属が使われる事が多く、詰め物や被せ物では保険内治療では必ずといっていいほど金属のものを装着します。
口腔内に金属を入れると、アレルギーの原因となったり、味覚障害や頭痛などの身体の不調を引き起こす原因となる事がわかっています。

アレルギーがあると、詰め物や被せ物で装着した金属の周囲が赤く腫れるなどの症状が出るほか、金属イオンが唾液中に溶け出し、唾液中のたんぱく質と結合して、抗原性を持つようになり、全身に様々なアレルギー症状を引き起こします。

例えば、手や足・顔などに湿疹やかぶれなどを引き起こします。口と離れた所に症状が出るので、最初は原因が口の中にある事に気がつかない事もあります。

ノンメタル治療では、被せ物をするための土台には、ファイバーコアを、被せ物や詰め物には、材質全てにセラミックを使ったオールセラミックの治療を行います。
金属アレルギーの不安がある方は、ノンメタル治療を検討してみるのはいかがでしょうか。

当院では、ノンメタル治療など審美歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-dc.net

2018年4月25日

小さなお子さんがいる方は、毎日仕上げ磨きをしていますか?
子供、特に乳幼児は、まだ自分では上手に磨く事ができないので、仕上げ磨きが必須です。毎日、必ず寝る前には仕上げ磨きをする事が大切です。

今日は仕上げ磨きをする時のポイントをお話していこうと思います。
毎日、仕上げ磨きをしていても、きちんと磨けているのか?と不安になる事もあるでしょう。子供は嫌がったり動いたりして、長時間磨く事が難しいので、ポイントを抑えて磨いていきましょう!

<仕上げ磨きのポイント>
・ 上唇小帯に注意!
上唇をめくった時に付け根のあたり筋のようなものがあります。これを上唇小帯といいます。上唇小帯をブラシで擦ってしまうと痛いので、注意する必要があります。
歯ブラシを持っている手と反対側の手の人差し指で、小帯を押さえて、カバーするようにして、磨くようにしましょう。
小さな子供が、上の前歯を磨くのを嫌がる場合、もしかすると上唇小帯に歯ブラシが当たって痛みがあったのかもしれません。

・ 磨く順番を決めて磨く
やみくもにあちこちを磨くと、必ず磨き残しができてしまいます。順番を決めて磨くようにすると、磨き残しが少なくなります。
例えば、上の歯の外側を奥から順に磨く、次に上の歯の内側、下の歯の外側、下の歯の内側というように、くまなく磨けるように順番を決めて磨きましょう。

・ 本人磨き用歯ブラシと仕上げ磨き用は歯ブラシの2本を用意
小さな子供で、まだ上手に磨けなくても、自分で歯を磨く習慣は大切です。自分で磨かせた後に、大人が仕上げ磨きをしてあげる順番になります。
その際、歯ブラシは分けるようにしましょう。子供用のものは、持ち手が太く握りやすく、長さが短い扱いやすいタイプのものがオススメです。
お気に入りのキャラクターもので、子供の気持ちを盛り上げるのも良いでしょう。
仕上げ磨き用は、持ち手が細長くストレートで、ヘッドは小さめのものがオススメです。

これらのポイントを参考に、毎日、楽しく歯磨きを習慣にしていきましょう!

当院では、小児歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-dc.net/trouble/child/

2018年4月18日

口腔乾燥症(ドライマウス)を訴える方が増えています。

口腔乾燥症とは、唾液の分泌が低下して、慢性的に口の中が乾いた状態になる事です。
原因は、加齢や薬の副作用によるもの、糖尿病、シェーグレン症候群、ストレス、口呼吸などが考えられます。

軽度の口腔乾燥症では、口の中がネバネバしたり、ヒリヒリと感じる事があります。口の中が乾燥すると、細菌が増殖しやすくなるので、虫歯や歯周病のリスクも高まります。
また、細菌の増殖よって、口臭も強くなります。夜間、特に唾液が減少するので、口の中が乾燥した不快感で、目が覚めてしまう事もあります。

重度になってくると、口腔内の乾きが進行し、強い口臭や舌表面のひび割れが起こります。痛みで摂食障害を起こしたり、会話がしづらくなります。

乾燥がひどい場合には、保湿ジェルや保湿スプレー、人工唾液などを用いると、症状が緩和され、楽になります。
また、積極的に水分を摂取するようにする事も大切です。
脱水を起こしやすい夏の間は特に意識して水分補給をし、唾液が減少しやすい寝る前にも水分補給も行うようにしましょう。

口腔乾燥症は、だれにでも起こりえます。
加齢によって、口や顎の筋力が低下し、唾液が出る唾液腺が萎縮してきます。
唾液腺周辺をマッサージする事で、唾液の分泌を促進する効果がありますので。入浴や洗顔の際に実施するのもおすすめです!

当院では、一般歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-dc.net/trouble/

2018年4月11日

とても辛い虫歯の痛みですが、放置していると痛みが治まってくる事があります。
痛みがある時は、「急いで受診しなくては」と感じる人が多いのですが、痛みが治まると、受診するのを止めてしまう人がいます。

でも実は、『痛みが治まってきた虫歯を放置するのはとても危険!』です。

一度、虫歯になってしまうと、自然に治る事がありません。治療をしない限り、虫歯は進行しつづけます。
強い痛みが出ていたものが治まった場合には、歯の神経まで虫歯に侵され、神経が虫歯によって完全に死んでしまった可能性があります。
神経が死んでしまって痛みを感じなくなってしまったという事です。

神経が完全に死んでしまった後、しばらくは痛みが治まりますが、放置すると歯の根の先に膿の袋ができ、さらに強い痛みが襲ってくるようになります。
そしてさらに放置すると、顎の骨が感染するなど重篤な状態になってしまう事もあります。

歯の治療は遅れれば遅れるほど、治療に時間と費用がかかるようになります。当然、歯に対しても負担は大きくなり、歯を残せる可能性も少なくなっていきます。
虫歯の痛みが治まったとしても、必ず早めに受診をするようにしましょう!

当院では、虫歯治療等の一般歯科治療を行っております。
ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/trouble/decayed-tooth/

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。