«  2019年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年8月14日

歯周病になった場合、審美歯科を標榜する歯科医へ相談する人は少ないかもしれません。

じつは、審美歯科治療を主に行っている歯科医だからこそ歯周病への意識が高い場合があるのです。

審美歯科というのは、歯の形や歯の色、歯並びなどを整えてお口の見た目を良くする治療だと思われがちです。しかし、審美治療では、歯そのものだけでなく、歯茎についてもとても重視しているのです。

なぜなら、どれだけ透明感のある美しい歯でも、歯茎が変色していたり下がっていたりすると、その美しさは逆効果になるからです。

日本人の成人の80%は、歯周病を患っていると言われています。

そのため、審美歯科では、健康な歯茎を取り戻す歯周病治療を行う機会がとても多いと言えるでしょう。その上、審美歯科で行う歯周病治療では、ただ治すだけではなく、本来の目的である「美しさ」を損なわないような治療が求められますので、より複雑な治療になることも多いのです。

例えば、歯周病は進行するに従って歯茎が下がり、歯が長く見えてきます。いくら歯周病治療をしても、この状態のままでは審美性を得ることはできません。そのため、審美歯科での歯周病治療では、この下がった歯茎を戻す治療も行わなければいけません。

もし、歯周病で悩まれているのであれば、審美歯科も選択の1つに加えていただければ、見た目も含めた健康的なお口を手に入れられるかもしれません。

当院では、審美歯科治療を行っております。
お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年8月 7日

口臭の原因のほとんどは、お口のケアが不足していることにあります。

そのほとんどは、虫歯や歯周病の原因菌など、お口の中に潜む細菌が発するガスです。そのため、日々のケアでそれらの細菌を減らせば、ほとんどの口臭を防ぐことができるのです。

しかし、正しい歯みがきを毎日しても、口臭がおさまらないことがあります。

そんな時は、舌に注目しましょう。

口臭の原因菌は、舌の上にも存在しており、その他の汚れと共に積み重なって、白い苔のようになっているのです。

この舌苔と呼ばれるものは、口臭を発生させる原因の1つなのです。そのため、歯だけではなく、舌のケアもしっかり行わなければいけないのです。

ただし、歯ブラシでゴシゴシと舌をこするのは、おすすめしません。舌は非常にデリケートですので、歯ブラシでは傷を付けてしまうことがあるからです。

そうなると、かえって細菌の住み処を増やしてしまうことになりますし、最悪の場合は舌がんなどの原因になることもあります。

できれば、舌専用のブラシなど、舌を傷付けないように考えられた器具を使って、舌みがきを行いましょう。

なお、舌の先の方は常にこすれて舌苔ができることはほとんどありませんので、意識して舌の奥をみがくようにしましょう。

うまくみがけないようでしたら、かかりつけの歯科医へ相談してみてください。

お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年7月31日

お子様が矯正治療を行うにあたって、親御さんには気を付けていただきたいことがあります。

それは、お子様が「自分から」矯正治療をするように接していただきたい、ということです。

歯科矯正治療は、長い期間のかかる治療です。また、マウスピース矯正などは自分で考えて装着時間を長くするようにしなければ、効果を発揮するのが難しい治療なのです。

そのため、時にはおだてるほどでも良いので、お子様のやる気が持続するようにしてください。

また、もう1つは、日々の歯みがきです。親御さんが歯みがきを面倒がっていては、装置を付けて歯みがきしにくい子どもは、より歯みがきを面倒がるでしょう。

この際、家族全員で正しい歯みがきの方法を学んで、どれくらいお口をきれいにすることができたか競争するくらい、関心を持って取り組むようにしてください。

もちろん、お子様の仕上げみがきをしっかりとしてあげるのも、面倒がってはいけまません。ゲームのように楽しんで、お子様のお口の中をきれいにしてあげましょう。

これらのことは、歯科医には決してできないことです。そのため、ぜひ親御さんには協力いただきたいのです。


当院では、矯正治療を行っております。
お口や歯のことでご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年7月24日

歯が痛くなったとき、慌てて歯みがきをする人がいます。

残念ながら、歯みがきだけで虫歯が治ることはありません。

一般歯科で行ってもらうことができるクリーニングでも、虫歯が治ったり改善したりすることもありません。

そのため、歯が痛むようであれば、すぐに歯科医へ相談して治療を受けることをおすすめします。

では、クリーニングには、どんな効果があるのでしょうか?

まず第1に、すっきりとした爽快感でしょう。これは、自分で歯みがきをしたあととは違った爽やかさがあります。

また、細菌の固まりである歯垢(プラーク)や歯石を取り除きますので、口内の細菌の数が著しく低下します。そのため、虫歯や歯周病になるリスクが下がります。

合わせて、虫歯や歯周病があったとしても、その進行を遅らせる効果はあるかもしれませんし、歯茎の腫れや痛みを和らげる効果があるでしょう。

そして、定期的にクリーニングを行うことで、歯へ及ぼすダメージが軽減され、歯の延命効果があります。

つまり、虫歯や歯周病を予防し、クリーニングは歯の寿命を延ばす効果があるのです。

お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年7月17日

虫歯治療の基本は、虫歯の原因である細菌を駆除することです。

そのため、細菌に冒された歯の表面を削ります。しかし、それで終わりではなく、患者様が思っている以上に、歯科医が歯を削ることがあります。

それは、歯の噛み合わせや審美的な点を補うための「被せもの」をとりつけるのに、歯をもう少しだけ削って、クリアランスと呼ばれる隙間を作らなければいけないからです。

もちろん、歯を削る量は少ないに超したことはありません。

しかし、被せものの材質によって、強度を保持するための最低限必要な量があります。

そのため、一定以上のクリアランスがなければ、被せものがうまく適合せず、噛み合わせが悪くなったり、被せものが割れたりすることがあるのです。

しかし、クリアランスが適切であれば、被せものは驚くほどきちんと適合し、噛み合わせに違和感がないだけでなく、見た目にも治療の跡がほとんど分からないほどになることもあります。

つまり、歯科医が虫歯治療の最終段階で、様々な器具で確認しながらクリアランスを確保するのは、お口の機能的にも、審美的にも、とても重要な仕上げを行っているということなのです。

当院では、虫歯治療だけではなく、審美歯科治療も行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年7月10日

ホワイトニングは、歯を白く美しくする審美歯科治療です。

着色した歯を薬品で白くしたり、ベニヤと呼ばれる薄い板を歯に張り付けたりして、歯を白くします。

そして、クリーニングは、口腔内の汚れ(歯垢や歯石)を徹底的に除去し、口内環境を良くする治療です。また、コーヒーや紅茶などで着いた軽い着色であれば、クリーニングで洗浄してきれいにすることができることもあります。

また、クリーニングすることで、虫歯や歯周病を予防して、健康な歯を手に入れられますし、虫歯や歯周病の原因は口臭の原因でもありますので、口臭を予防することもできるのです。

そのため、歯の着色汚れを落としたい人は、まずクリーニングしてみることをおすすめします。そうすれば、本当にホワイトニングをしなければいけない着色なのかどうかが分かりますし、仮にホワイトニングを行うにしても、治療箇所を最小限にすることができます。

もちろん、ホワイトニングの前にクリーニングを行いますので、同じことだと思うかもしれませんが、クリーニングだけで済めば、口内に与えるダメージもなく、健康な口内にすることができますので、それに越したことはありません。

お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.asai-dc.net/

2019年7月 3日

チューインガムのCMなどで、多くの方が「キシリトールが虫歯予防の効果がある」というのは、ご存じでしょう。

しかし、ほとんどの人は、なぜキシリトールが虫歯予防に役立つのかまでは、知らないと思います。

そこで今回は、キシリトールが虫歯予防に効果的な理由を、少し詳しく説明していきます。

キシリトールというのは、カバノキから発見されたショ糖を人工的に作り出した糖アルコールと呼ばれるもので、中でも甘みが強く砂糖の代わりに使われます。

しかし、砂糖と違って、キシリトールには、以下の作用があるため、虫歯予防に効果があると認められています。

・唾液の分泌を促す
・口内のカルシウム濃度を上げて、歯の再石灰化を促進する
・虫歯菌の餌にならない
・虫歯菌が砂糖などのショ糖を分解する力抑制して、酸が発生するのを防ぐ
・アンモニア濃度を上げて、酸化している口内を中性に戻す

つまり、キシリトールは虫歯菌の餌にならない上に、虫歯菌の活動を抑え、口内環境を中性に戻す(健康な状態にする)ことができるのです。

ただし、これらの効果は腸内でも働きます。そのため、腸内でキシリトールを分解できず、お腹が緩くなることがありますので、摂取量には十分気を付けましょう。

当院では、予防歯科治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年6月26日

歯科矯正治療のイメージは、口を開くたびに見える、歯に取り付けた器具とワイヤーではないでしょうか。

今でこそ、ある程度認知されてきていますが、そのイメージは決して良いものではなく、そのために歯科矯正治療を拒む人も少なくありません。

そんな人たちのために生まれた歯科矯正治療の方法の1つが、インビザライン矯正です。

インビザライン矯正は、透明なマウスピース型の矯正器具を使って矯正治療を行うものです。透明なマウスピースですので、ほとんど目立つことがなく、かつ自由に取り外すことができるので、生活する上での不便さがほとんどありません。

また、インビザライン矯正の特徴は、矯正治療の進捗にあわせて、マウスピースを交換するという点です。

あらかじめ、歯をどのように動かしていくかをシミュレーションし、その結果に基づいて、少しずつ歯の位置がずれているマウスピースを作成するのです。そして、治療の進捗にあわせて、段階的にマウスピースを交換することで、無理な力をかけないため痛みが少なく、歯科医の想定通りの「理想のルート」で歯科矯正を進めることができます。

もちろん、あまり大きな矯正には対応できませんので、患者様によっては利用できない場合がありますが、目立たず、取り外しができ、傷みが少ない歯科矯正ですので、とても魅力的な治療法でしょう。

歯科矯正を検討している人は、ぜひインビザライン矯正を行っている歯科医へ相談してみてください。

当院では、インビザライン矯正治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年6月19日

審美歯科は、歯を白くしたり、歯並びを整えたりして、口元を美しくする歯科治療です。

そのため、「健康な歯を削って、セラミックをかぶせる」「健康な歯を抜いてインプラントにする」などと揶揄されることもあります。

もちろん、上記のようなことを行う歯科医師もゼロではありませんし、望む患者様もいますので、実際に行われたこともあるでしょう。

しかし、審美歯科治療の目的の多くは、事故や病気で失われた歯を取り戻したり、生まれつき欠けている歯を整形したりするなどして、患者様の健康的な生活を取り戻すために行われるのです。

また、同時に、審美歯科は審美的な点から、患者様の生活習慣を見直し、噛み合わせをずらすような癖の修正や、お口の健康を損なうような習慣をなくし、毎日の歯磨きなどの「お口のケア」を勧めているのです。

これは、予防歯科の観点であり、そもそも健康なお口でなければ審美的な治療もできないからです。

つまり、予防歯科治療が審美歯科治療の基礎であり、審美歯科治療は予防歯科治療の延長線上にあると言えるのです。

健康なお口を保つことこそ、もっとも効果的な審美歯科治療と言えるでしょう。


当院では、審美歯科治療や予防歯科治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年6月12日

歯周病を防ぐためには、口内環境を整えることが重要です。

そのために、しっかりとブラッシングしたり、甘いものを控えたりすることは、とても効果的です。

しかし、じつは、食べ物の中には、食べるだけで口内環境を整え、歯周病を防げるものがあるのです。

今回は、そんな「歯茎の健康に良い」と言われている食べ物を紹介しましょう。

・リンゴ
リンゴは「医者いらず」とも呼ばれる果物で、とても健康に良いとされています。実際に、その成分には健康効果もあるようですが、歯茎に効果的なのは、それだけではありません。

リンゴは適度に固く、しっかりと噛まなければ食べられません。この「噛む」という行為が、なによりもお口の健康に役立つのです。

・生姜
根生姜には、炎症を抑える効果がありますので、初期の歯周病には効果的です。また、治癒効果があるハーブですので、口内組織の再生も促してくれるでしょう。

・牛乳(乳製品)
牛乳にはカルシウムが含まれていますので、歯の再石灰化の役に立ちます。また、それだけではなく、牛乳をはじめとした乳製品には、口内の酸化を抑制する働きもありますので、積極的に摂るようにしましょう。

・玉ねぎ(生)
生の玉ねぎには、歯周病や虫歯の原因となる菌を殺してしまう効果があります。細菌がいなければ、歯周病になることはありませんので、とても有用です。


これらの食べ物を食事に取り入れるだけで、歯周病にならなくなるわけではありませんし、歯磨きを怠れば、これらの食べカスが原因で歯周病になることもあります。

しかし、積極的に摂取することで、他の食べ物に比べると、歯茎の健康に効果がありますので、お口の健康が気になる人にはおすすめです。

当院では、予防歯科治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。