«  2019年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年12月11日

いろいろな方法を使って歯並びを治す歯科矯正治療は、時間とお金がかかる治療です。

しかし、そんな矯正治療を、なぜ、受けるのでしょうか?

それは、何より「口元が美しくなる」ことがもっとも大きな理由でしょう。長年の歯並びの悪さに慣れていて、そこまで意識していなかった患者様も、この点はもっとも驚いて喜ばれる点です。

出っ歯や受け口、歪んだあごなどは、相手にマイナスの印象を与えてしまうことが少なくありません。それが、歯科矯正するだけで、明るくすっきりとした印象を与えることができるのです。

また、ご本人も、人前で口を開けて笑えるようになり、性格から変わるという人も少なくありません。

もちろん、この見た目の効果はとても重要で、それだけで十分かもしれません。しかし、歯科医の立場からすると、次の2点もとても大きな理由です。

・歯のでこぼこがなくなり、みがき残しが減る
・かみ合わせが良くなり、あごや特定の歯への負担が減る

これらは、お口の健康を保つのにとても重要なポイントです。

一生自分の歯で食べるためには、お口のケア(オーラルケア)がとても重要です。歯並びの悪さは、オーラルケアを難しくする要因になってしまいます。

気になる方は、ぜひ歯科医へ相談してみてください。

当院では、歯科矯正治療を行っております。
お口や歯のことでご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年12月 4日

歯科矯正治療は、「傷みがしばらく続いて辛い」という話をする患者様もいます。

確かに、歯科矯正治療は、歯に圧力をかけて動かしますので、まったく痛まないわけではありません。

特に、ワイヤーの入った矯正装置を取り付けるブラケット矯正治療では、比較的強い力で長時間力をかけ続けますので、相当の痛みが続くことがあります。

もちろん、あまりにひどければ、歯科医師に相談すれば、調整するなどして痛みを和らげてくれますが、自分で調整できないため、すぐに痛みから解放されることができません。

その点、インビザラインのような「マウスピース型の矯正装置を使う歯科矯正治療」では、それほど強い力をかけることがありませんので、痛みも強くありません。

また、ひどければ、いつでも自分ではずすことができるという安心感は、ブラケット矯正にはない安心感でしょう。

もちろん、装着している時間が長いほど、早く矯正されますので、頻繁にはずすのはおすすめしません。しかし、痛みがひどく、歯科医へ相談しようと考えている人が、病院へ着くまではずしておくことができるのは、気持ちの上でとても楽なことではないでしょうか。

当院では、インビザライン治療を行っております。
お口や歯のことでご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年11月27日

虫歯や歯周病は、口内に繁殖した細菌が原因です。そのため、もしお口の中にそれらの細菌がいなければ、虫歯や歯周病は発症しません。

そして、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、これらの原因菌は存在していません。

つまり、それらの原因菌は外部から侵入してきたわけで、虫歯や歯周病は、風邪などと同じ感染症なのです。

もちろん、その後の繁殖度合いは、歯並びや飲食物、日々の歯みがきなどの、遺伝的なものや生活習慣によって違ってきます。しかし、そもそも感染を防ぐのがもっとも効果的な虫歯予防と言えるのです。

虫歯や歯周病の感染経路は唾液です。そのため、箸やスプーンなどの共用、回し飲みをすることで感染してしまいます。

日本では、まだ多くのお母さんが、赤ちゃんに自分が使ったスプーンで食べさせたり、離乳食代わりに自分が噛み砕いた食べ物を与えたりしています。これらの行為で、母から子へ虫歯や歯周病の原因菌が感染していることが多いのです。

もし、「自分が虫歯で苦労したので、我が子にはそんな思いをして欲しくない」ということであれば、同じ食器の共用や口移しなどを避けなければなりません。

スキンシップは大事ですので、積極的にとるべきです。でも、お口の周りについては、細心の注意を払って、接触を避けることで、こどもが虫歯になりにくいお口を手に入れられる可能性が上がります。

もちろん、現在の環境では、細心の注意を払っても感染することはあります。その場合でも、日々の歯みがきや歯科定期検診などで、虫歯の発症しにくい環境は作れますので、ご安心ください。

ぜひ、歯科医に相談してみてください。

お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年11月20日

審美歯科治療は、患者様のお口の機能を回復させるとともに、見た目も美しく整え、患者様の健康的な生活のお手伝いをする医療です。

そのため、審美歯科ではただ患者様の歯を削って治療するだけではなく、その後の生活を見据えて、歯やお口を美しく見せられる方法をご提案します。

ただし、虫歯治療以降の処置については、保険適用外の治療となります(虫歯の治療としてはいったん終えた後、改めて審美治療を行うことになります)ので、どうしても費用的な負担が大きくなります。この点は、患者様から見た場合、審美歯科のもっとも大きな欠点です。

また、特定の歯科医は成功するのに、別の歯科医ではそこそこ、一般歯科の歯科医ではうまくいかない、といった技術的なバラツキが大きい印象があるのも、審美歯科の欠点でしょう。

これは、歯科医院の設備や歯科医の経験などが要因にはなっていますが、もっとも深い部分にも原因があります。それは、審美歯科を目指す学生以外は、それほど深く審美歯科についての学習をしてこなかったことです。

当然ですが、健康保険の範囲内での治療を行えることがもっとも重要ですが、患者様の健康的な生活を考慮するならば、審美歯科治療についても多くの歯科医が体系的に学び、最低限の水準の治療をできるようになるのが理想です。

もちろん、そうなれば、審美歯科を標榜する歯科医は、より新しい技術を取り入れたり、技術を磨いたりするなどして、患者様の信用を得なければいけません。

しかし、最低限の知識を共有することで、患者様が抱く歯科医全体への信頼や期待が高まるのですから、将来的にはそうなっていってほしいものです。

お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.asai-dc.net/

2019年11月13日

歯周病は、自覚症状もなく進行し、気が付いたときには取り返しの付かない状態になっている恐ろしい病気です。

そのため、定期的な検診が必要です。

ただ、厳密には、自覚症状がまったく出ないわけではありません。

人の体は、変化したことには敏感で、常態化した(当たり前になった)ことには鈍感です。

そのため、歯周病が少し進んで、歯茎が腫れたり、歯みがきで血が出たりしたりしても、すぐにそれが常態化して、気にならなくなるのです。もし、ここで気にして歯科医へ相談しておけば、それほど時間を掛けることなく、治療することができますが、多くの人はそれを見過ごします。

次に気が付くチャンスは口臭と歯の根元です。

歯をみがいてもキツい口臭が改善されず、歯の根元の隙間や歯茎の赤みが目立つようになっています。

この時期なら、まだ歯を失うことなく治療できる場合がほとんどです。しかし、ここでもまだ気にしない人は少なくありません。なぜなら、しばらくすれば、歯の隙間や歯茎の赤みを見慣れるからです。また、特に臭いは、気が付いてもすぐに麻痺します。

そして、最終的に歯がグラグラとしてしまうと、もう無視できなくなるわけです。

このように、歯周病は段階的に進んで、その状況に合わせて体はヒントをくれているのです。

何か気になることがあれば、ぜひ歯科医へ相談してください。

当院では、歯周病治療を行っております。
お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年11月 6日

一口に歯周病といっても、歯肉炎、歯周炎、歯槽膿漏と3段階ほどに分けられ、この順番に重くなってきます。

これは、歯周病の原因菌がどこまで侵食しているかによって分類されます。それぞれ、説明しましょう。

1.歯肉炎
歯肉(歯茎)に炎症のある状態で、患者数がとても多い症状です。「血が出る」「歯茎が赤い」などの症状はありますが、痛みはなく、通常の生活に支障が出ないため、軽視されてしまっているのが現実です。

歯と歯茎の隙間などに歯垢(歯周病菌の固まり)がたまり、そこから発生する毒素によって炎症が起きている状態です。歯みがきなどでプラークを丁寧に除去することで、治癒します。

2.歯周炎
歯肉炎が進行すると、歯周炎になります。この段階になると、歯周病菌の毒素によって、歯を支える歯槽骨が冒されはじめ、歯と歯茎の間(歯周ポケット)が深くなってきています。

日々のブラッシングでは、この歯周ポケットの奥まで掃除することが難しくなるため、歯科医で処置しなければ悪化する一方だと言えます。

歯茎が腫れて、口臭が発生し、歯茎が降りて歯が長く見えはじめるのが、この時期です。

3.歯槽膿漏
歯周病の最終段階が歯槽膿漏です。

歯周病菌が歯槽骨に達して歯槽骨を溶かし、そこにたまって毒素を生成し続けるため炎症が引かずに膿がたまってしまいます。

口臭が酷くなり、歯がグラグラとしてしまって、放置しているとポロリと抜け落ちます。

ここまで来ると、自分の歯を残すためには、根管治療が必要になってきます。

当院では、根管治療を行っております。
お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年10月30日

一般歯科での虫歯治療では、主に患部(虫歯に犯された歯の表面)を削って詰めものをします。

この詰めものをするときに気を付けるのが、噛みあわせがずれないような「詰めものを作る」ということです。

詰めものは、削ったところをただ埋めるだけではなく、治療前と同じ噛みあわせになるように形を整えなければ、患者様の生活に支障が出てしまいます。

また、このとき、お口の中全体、あごも含めた全体のバランスを確認していく必要がある場合もあります。

噛みあわせのバランスはとても繊細ですので、治療した歯だけを見ていては、治療して噛みあわせを調整したせいで、他の部分に悪影響が出るかもしれません。

逆に、調整した結果、いままで隠れていた噛みあわせの悪さが見つかる可能性もあります。その場合、もちろん、歯科医が勝手に治療することはありませんが、なにか異常があったときは、必ずお伝えしますので、可能な限り治療することをおすすめします。

噛みあわせの治療は歯科矯正となるため、面倒に感じるかもしれませんが、噛みあわせを良くすることで、歯みがきがしやすく虫歯になりにくいお口を手に入れられます。長い目で見ると、その方が面倒がないかもしれません。

お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年10月23日

「口臭が気になるため、毎食後すぐに歯磨きする」という人は少なくありません。

もちろん、食べたものの臭いはありますし、食べカスなどが歯に詰まっていれば、それが口臭の原因になるでしょう。

そのため、食後の歯みがきは、口臭に対して一定の効果があります。

しかし、もしその歯みがきで、歯垢や食べカスのみがき残しがあれば、歯磨きしても口臭が発生するという状態になるでしょう。

また、じつは「食後すぐ」というのは、口臭の原因となる細菌の数はとても少なく、むしろきれいな状態ですので、口臭対策としての歯みがきは必要ありません。

それに加えて、「酸蝕症」というお口の中が酸性に傾きがちな人は、食後はお口の中が強い酸性になるため、歯ブラシでこすることで、歯の表面にあるエナメル質を薄くしてしまいます。

そのため、食後の歯みがきは、お口の中が中性に戻る15分後くらいに行い、それまでは(食べたものの臭いを洗うために)水でゆすぐ程度にするのが、歯にとっては最適な方法と言えます。

ただし、遅すぎても虫歯菌が繁殖してしまいますので、食後30分以内には、歯みがきをするようにしましょう。

つまり、食後15分から30分以内が歯みがきにベストな時間と言えるでしょう。

お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年10月16日

根幹治療は、歯の根にまで感染した細菌を除去し、重度の虫歯や歯周病を治す治療方法です。この治療のおかげで、歯を抜くことなく重度の虫歯や歯周病から健康なお口を取り戻した人が多くいます。

しかし、歯の根は非常に細い管になっており、枝分かれして曲がりくねっています。そんな歯の根の奥にまで侵入した細菌をかき出していくのには、それなりのスキルと設備が必要になってきます。

また、治療中の再感染の恐れも多いため、それを防ぐ準備や道具もあったほうが安全です。

根幹の奥まで見えるマイクロスコープや、治療中の歯を隔離できるラバーダムは、治療する歯科医にとって、とても強力な武器になることでしょう。

このような設備や道具によって、根幹治療の成功率は確実に違ってきます。もちろん、ベースとなる歯科医師のスキルが重要ですが、適切な設備があることで、その成功率を上げることができるのです。

そのため、根幹治療を行う歯科医師を選ぶ場合は、どんな設備や道具で行っているのかを調べることが重要です。(ただし、マイクロスコープなどを使った根幹治療は、自由診療(保険適用外)になります)

かかりつけの歯科医に「抜歯しかない」と言われて「歯を残してくれる医師」を探すような場合は、しっかりと選んだうえで後悔のないようにしたいものです。

お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.asai-dc.net/

2019年10月 9日

口臭は日本人の多くが関心のある症状です。そして、その対策用品が多数存在しています。

その中で、今回は洗口剤(マウスウォッシュ)の効果について、説明します。

洗口剤は、殺菌作用や洗浄作用のある液体の薬剤で、口をゆすぐことで口腔内の雑菌を除去し、口臭を抑えようという商品です。

液体ですので、歯ブラシの届かない歯と歯の隙間などにも薬剤が届きますし、歯ブラシでみがくことのない頬の裏や舌、舌の裏側なども効果的に洗浄できます。

そういう意味で、洗口剤は効果のある口臭対策と言えるでしょう。

しかし、液体であるが故に、歯と歯の隙間に挟まった食べカスなどの大きなものを除去することはできませんし、歯に貼り付いている歯垢の除去効果も限定的です。

そのため、洗口剤は歯みがきと組み合わせることをおすすめします。歯垢や食べカスなどの大きなものは歯みがきで除去し、歯ブラシの届かない隙間に逃げ込んだ細菌は、洗口剤で洗浄してしまうのです。

ただし、アルコールなどの刺激が強い洗口剤は、お口の粘膜を傷つけたり、唾液の分泌を抑えてしまったりすることがあるため、かえって口臭が強くなる可能性があります。洗口剤が強くしみる場合などは、別の洗口剤を使うことをおすすめします。

お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。