«  2018年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年4月18日

口腔乾燥症(ドライマウス)を訴える方が増えています。

口腔乾燥症とは、唾液の分泌が低下して、慢性的に口の中が乾いた状態になる事です。
原因は、加齢や薬の副作用によるもの、糖尿病、シェーグレン症候群、ストレス、口呼吸などが考えられます。

軽度の口腔乾燥症では、口の中がネバネバしたり、ヒリヒリと感じる事があります。口の中が乾燥すると、細菌が増殖しやすくなるので、虫歯や歯周病のリスクも高まります。
また、細菌の増殖よって、口臭も強くなります。夜間、特に唾液が減少するので、口の中が乾燥した不快感で、目が覚めてしまう事もあります。

重度になってくると、口腔内の乾きが進行し、強い口臭や舌表面のひび割れが起こります。痛みで摂食障害を起こしたり、会話がしづらくなります。

乾燥がひどい場合には、保湿ジェルや保湿スプレー、人工唾液などを用いると、症状が緩和され、楽になります。
また、積極的に水分を摂取するようにする事も大切です。
脱水を起こしやすい夏の間は特に意識して水分補給をし、唾液が減少しやすい寝る前にも水分補給も行うようにしましょう。

口腔乾燥症は、だれにでも起こりえます。
加齢によって、口や顎の筋力が低下し、唾液が出る唾液腺が萎縮してきます。
唾液腺周辺をマッサージする事で、唾液の分泌を促進する効果がありますので。入浴や洗顔の際に実施するのもおすすめです!

当院では、一般歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-dc.net/trouble/

2018年4月11日

とても辛い虫歯の痛みですが、放置していると痛みが治まってくる事があります。
痛みがある時は、「急いで受診しなくては」と感じる人が多いのですが、痛みが治まると、受診するのを止めてしまう人がいます。

でも実は、『痛みが治まってきた虫歯を放置するのはとても危険!』です。

一度、虫歯になってしまうと、自然に治る事がありません。治療をしない限り、虫歯は進行しつづけます。
強い痛みが出ていたものが治まった場合には、歯の神経まで虫歯に侵され、神経が虫歯によって完全に死んでしまった可能性があります。
神経が死んでしまって痛みを感じなくなってしまったという事です。

神経が完全に死んでしまった後、しばらくは痛みが治まりますが、放置すると歯の根の先に膿の袋ができ、さらに強い痛みが襲ってくるようになります。
そしてさらに放置すると、顎の骨が感染するなど重篤な状態になってしまう事もあります。

歯の治療は遅れれば遅れるほど、治療に時間と費用がかかるようになります。当然、歯に対しても負担は大きくなり、歯を残せる可能性も少なくなっていきます。
虫歯の痛みが治まったとしても、必ず早めに受診をするようにしましょう!

当院では、虫歯治療等の一般歯科治療を行っております。
ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/trouble/decayed-tooth/

2018年4月 4日

「歯磨き」は毎日している方がほとんどだと思いますので、馴染みがある言葉だと思いますが、「舌磨き」というのを知っていますか?

舌磨きとは、その名のとおり、舌を磨く清掃方法です。
実は、舌の表面には、歯と同じくらい、もしくはそれ以上にたくさんの汚れが付着します。汚れを付着したままにしておくと、お口の中の細菌が増殖し、不衛生になり、口臭の原因にもなるのです。
自分の舌を鏡で見た時に、白っぽい色や黄色っぽい色をしていたら、それは細菌がたくさん付着しているという事です。

舌磨きには、舌磨き専用の舌用歯ブラシを使うか、やわらかめの歯ブラシで代用しても大丈夫です。
普段の歯磨きとセットで、舌を後ろの方から前の方に撫でるようにして、ブラシで汚れを拭い取るようにします。
強く擦りすぎると、舌の表面を傷つけてしまうので、やさしく10回から20回程度拭うようにします。

それだけでは、舌の表面の白色や黄色の汚れが取りきれていない事もありますが、1回で全てを取りきるのは難しい事ですので、無理に取ろうと思わなくて大丈夫です。
毎日続ける事で段々ときれいになってくるはずです。

清掃習慣の中に、「舌磨き」を取り入れて、清潔なお口の中にしましょう。

当院では、一般歯科診療治療を行っております。
ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://asai-dc.net/

2018年3月28日

寝ている間に無意識にしてしまう事がある「歯ぎしり」。自分では気がつかなくても、家族に指摘された事のある人も居るでしょう。
「歯ぎしり」は、歯や顎に大きな負担になる癖です。歯を早くに失う要因ともなるので、出来る限り改善していく事が必要です。

「歯ぎしり」の原因は様々です、色々な要因が組み合わせって、歯ぎしりを起こしている事が多いので、すぐに止められるものではありません。
しかし、原因を知って、対処できる所から適切な対処をしていく事が大切です。

<歯ぎしりの原因>
・ ストレス
歯ぎしりの一番の原因にストレスがあります。疲れや睡眠不足などもよくありません。ストレスを抱えると、歯を食いしばり歯ぎしりをしてしまう事があると言われています。

・ 噛み合わせの悪さ
噛み合わせが悪いと、左右の顎の筋肉がアンバランスになり、歯ぎしりを起こす事があると言われています。

・ 喫煙や飲酒
アルコールやタバコのニコチンは、直接の原因では無くても、歯ぎしりを引き起こしやすいと言われています。

・ 逆流性胃腸炎
近年、逆流性胃腸炎は、歯ぎしりの原因になるのではないかと言われています。


主な原因としてこれらが挙げられます。一見、歯ぎしりと関係の無さそうな、ストレスや喫煙、飲酒、逆流性胃腸炎も原因となりえます。
特にストレスは、歯ぎしりと大きな関係があると言われています。
普段は無い、歯ぎしりに気がついたら、リラックスした時間を意識的に作り、おしゃべりなどをしてストレス発散するのが良いですね!

当院では、一般歯科治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年3月21日

ホームホワイトニングとは、歯科医院で自分専用のマウスピースを作った後、自宅でマウスピースを用いて自分でホワイトニングを行う方法です。

当院で取り扱いのホームホワイトニングは、まず1度来院いただき専用のマウスピースの型取りを行います。
後日、専用のマウスピースと2週間分のホワイトニング剤をお渡ししています。1日5〜6時間、自分のペースでマウスピースを装着していただき、歯を白くしていきます。

ホームホワイトニングは、歯科医院で施術を行うオフィスホワイトニングと比較して、低濃度のホワイトニング薬剤を用います。
そのため、効果の現れ方はオフィスホワイトニングと比べてゆっくりです。ですから、効果を早く求めたい方にはおすすめしません。

しかし、ホームホワイトニングもメリットがあります。
白くなるスピードはゆっくりですが、じっくり白くしていくので、色の後戻りもゆっくりで、白さを持続しやすくなります。
また、ホワイトニング剤を追加で購入できるので、初期費用はかかりますが、継続する場合には費用対効果が高くなります。

効果の現れやすいオフィスホワイトニングと、効果が持続しやすくメンテナンスとして継続使用するのに向いているホームホワイトニング、両方を行う方法もあります。
デュアルホワイトニングというこの方法は、両方のメリットが得られる、最もホワイトニング効果が高い方法だと言えます。

当院では、ホワイトニングなどの審美歯科治療を行っております。
ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-dc.net/whitening/

2018年3月14日

「歯」は何のためにあるのか。
まずイメージするのは、「食べるため」ではないでしょうか。
食べ物を噛み砕くために歯が必要だとイメージする人が多いと思います。しかし実は、歯の役割は「食べる」以外にもたくさんあります。
他の役割もとても大切なものです。
今日は、歯の役割について詳しく説明していきたいと思います。

<歯の役割>
・ 噛む
食べ物を細かく噛み砕いて、胃や腸の吸収を助けます。また噛む事により、唾液の分泌を促進し、脳の活性化をもたらします。

・ 味わう
味を感じるのは「舌」の役割だと思っている人が多いでしょう。確かにそのとおりです。しかし、「歯ごたえ」や「歯ざわり」も美味しさのひとつです。

・ 話す
発音する時は、舌や頬、唇だけでなく、「歯」も使っています。例えば、「サ行」や「タ行」は、歯が無いと、うまく発音できません。

・ バランスを保つ
スポーツなどで瞬時に力を出す時に、歯をかみしめる事があります。普段の生活でも、歯がしっかりと噛み合っている事で、身体のバランスを保っているのです。

・ 表情
口は、顔の中心に位置しており、表情をつくる役割があります。笑った時に、口角がきゅっとあがり、美しい歯が見えると、印象が良いものです。
歯があることで生き生きとした美しい表情になります。

このように、「歯」にはたくさんの大切な役割があります。歯を守る事は、生き生きと生活していくために、とても大切なんですね。

当院では、一般歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-dc.net/

2018年3月 7日

気がついたら、お口がポカンと開いている。そんな方は居ませんか?
もしかしたら、口呼吸が習慣になっているかもしれません。
呼吸は本来、鼻でするものですが、風邪や鼻炎などがきっかけとなり、口で呼吸をする事が習慣になってしまう事があります。

口呼吸は、お口に様々な悪影響があります。口が乾燥しやすくなるため、口の中が汚れやすく、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
また、口臭の原因にもなります。具体的なものを挙げると次のようになります。

・ 前歯の虫歯が増える
・ 歯周病になりやすく、進行しやすい
・ 歯に着色汚れが付きやすい
・ 口臭が強くなる
・ 出っ歯になりやすい

口呼吸は、お口だけの問題ではありません。風邪をひきやすくなり、アレルギーを引き起こす要因にもなります。
また、睡眠時無呼吸症候群といった命に関わる影響もあります。
鼻炎等がある場合には、耳鼻科を受診する事、また歯並び等に問題がある場合には、歯科受診をする事が必要です。

トレーニングにより、正しい呼吸法を身につける事も大切です。口呼吸が気になる場合には、一度ご相談ください。

当院では、一般歯科診療を行っております。口呼吸が気になるなどご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-implant.net/

2018年2月28日

噛み合わせは、食事をするなど、口元だけの問題だと思っていませんか?
実は、噛み合わせは、全身にも影響を及ぼします。

噛み合わせが悪いと、重心をずらしてバランスをとるようになります。バランスの乱れをカバーするために、頭から肩・腰へと他の部位でバランスを崩しながらカバーをするようになります。

噛み合わせが全身に及ぼす影響には次のようなものがあります。

・ 肩こり
・ 頭痛
・ めまい
・ 鼻づまり
・ 腰痛
・ 耳鳴り
・ 腰痛 など

歯とは関係が無いと思いがちな全身の様々な不調は、もしかしたら噛み合わせが原因かもしれないのです。

噛み合わせを悪くしている原因を日常生活から取り除き、虫歯治療・インプラント・審美歯科・矯正・入れ歯などの治療方法を必要に応じて行い、噛み合わせを改善していく事が大切です。

噛み合わせを悪くする生活習慣には、次のものが挙げられます。
思い当たるものがある場合には、改善していくようにしましょう。

・ 足を組んで座る
・ 頬杖をつく
・ うつぶせで寝る事が多い
・ 片側ばかりで噛む癖がある
・ いつも同じ側の肩にカバンをかける

当院では、噛み合わせの治療を行っております。むし歯治療から、インプラント、審美歯科、矯正、入れ歯まで、すべての治療について咬み合わせを重視しています。

ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-implant.net/1530occlusion/

2018年2月21日

デュアルホワイトニングとは、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、自分専用のマウストレーを用いて自宅で行う「ホームホワイトニング」の両方を行うホワイトニング方法です。
両方を併用する事で、両方の利点を兼ね備える事ができるので、自分の歯をより白くしたい方、白さを維持したい方にオススメの方法です。

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で歯にホワイトニング剤を塗布し、特殊な光を照射させる事で、歯を白くする方法です。
1回の施術で、ホワイトニング効果を実感しやすい効果の現れやすい方法です。

一方、ホームホワイトニンングとは、歯科医院で自分専用のマウストレーを作製した後、自宅でマウストレーにホワイトニング剤を注入し、自分で歯にトレーを装着させてから歯を白くする方法です。
1日1〜2時間程度トレーを装着する必要があります。ホームホワイトニングで使われる薬剤は、オフィスホワイトニングで使われる薬剤よりも低濃度の薬剤で、効果が現れるまで2週間程度の時間を要します。

歯を白くするのに時間がかかる「ホームホワイトニング」ですが、低濃度の薬剤で、じっくりゆっくり白くしていくので、歯の色が後戻りしにくいというメリットがあります。

ホワイトニングで白くなった後、歯には元の色に戻ろうとする力が働き、多少の色の後戻りが起きてしまいます。
オフィスホワイトニングの方が、色の後戻りが起こりやすいので、オフィスホワイトニングで一気に歯を白くした後、ホームホワイトニングでより白くする事で、白い色を長く保つ事ができるようになるのです。

当院では、ホワイトニング治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-implant.net/1510whitening/

2018年2月14日

金属床義歯とは、当院でも取り扱っている床(しょう)部分が金属でできた入れ歯です。
金属床義歯は、保険が適用されないため、自費治療になります。
全額自己負担なので、費用はかかりますが、メリットも多い入れ歯です。

<金属床義歯のメリット>
・ 入れ歯を薄くする事ができるので装着時の違和感が軽減される
・ 金属は熱伝導性に優れているので、食事をした時に温度を感じやすい
・ 汚れがつきにくく、清潔を保ちやすい
・ 割れにくく、変形しにくい
・ 保険の入れ歯よりも適合性が良い

保険の入れ歯は、入れ歯の土台部分がプラスチックでできています。
そのため強度を保つためには、ある程度の厚みをもたせなければならず、入れ歯装着時の違和感が強いという問題点があります。
保険の入れ歯を装着していて、「慣れない」「装着すると違和感が強い」このように感じている方には、金属床義歯は良い方法だといえます。

入れ歯は毎日使うものです。今使っている入れ歯に不具合を感じていて、なかなか改善しない場合には、金属床義歯を選択するのも良いでしょう。

入れ歯は慣れるのに時間がかかるものです。
何度か調整を繰り返して、やっと噛めるようになるという場合も多いです。入れ歯の不調は、気軽にご相談ください。

当院では、入れ歯の治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-implant.net/1535denture/

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。