«  2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年10月17日

乳歯は、永久歯に比べてエナメル質や象牙質などの歯を守る部分が薄くなっています。その上、子供はきちんと歯磨きができず、甘いものを好んで食べますので、どうしても虫歯になりやすくなっています。

それに加えて、乳歯は痛みを感じにくくなっていますので、少し気を抜いてしまうと、神経まで達するような重度の虫歯になってしまうこともあります。

乳歯だからといって、虫歯を治療しなければ永久歯に悪い影響を与えてしまいますので、きちんと治療を受けるようにしなければいけません。

そんな乳歯の治療については、軽度の虫歯であれば、永久歯と同様に患部を削って対処しますが、神経を抜いてしまう必要のあるような治療(根管治療)については、永久歯とは違った対処になります。

永久歯の根幹治療の場合は、神経を抜いた後の穴(根幹)をしっかりと洗浄消毒した後、詰め物を詰めて細菌の感染を防ぎます。しかし、乳歯の場合、しっかりと詰め物をしてしまうと永久歯が生えてくることを阻害してしまいますので、時とともに溶けてしまうような材質の詰め物を行わなければいけません。

同様に、乳歯が大きく欠けてしまった場合、永久歯であればブリッジなどをして欠損部分を補いますが、乳歯の場合はそういった対応を行わず、むしろ欠けた乳歯が抜けやすいように他の歯が移動しないための処置を施します。これもまた、その後に生えてくる永久歯への影響を最低限にするためです。

ここまでのように、乳歯の治療というのは、永久歯が正常に生えるために行うものです。そのため、永久歯とは違った治療内容になることが少なくありません。


当院では、小児歯科治療を行っております。
お子様の虫歯や歯並びなどにご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年10月10日

大人に比べて、子どもは虫歯になりやすいと言われています。

子どもが甘いものばかり食べているせいというのもありますが、じつはそれだけではありません。

その理由に気付けば、少なからず子どもの虫歯を防ぐことができるかもしれませんので、紹介しましょう。

・生え替わりの時期は、噛み合わせが悪くなる
歯がきちんと揃っていれば、日々の咀嚼などで歯がこすりあって食べかす等か自然と取れる自浄作用が働きます。しかし、歯の生え替わりの時期などは大きさの異なる歯が並びますので噛み合わせが良くなく、どうしても食べかす等か残りやすくなってしまうのです。

・歯みがきをうまくできない
前述の隙間が多くなる点も理由の1つですが、子どもが1人で歯をみがくと、みがき残しが多くなってしまいます。そうなると、虫歯になるリスクが大きくなるのは、仕方がありません。

・虫歯に気が付きにくい
乳歯は、永久歯に比べて痛みを感じにくいと言われています。そのため、気が付いたときには重度の虫歯になってしまっており、治療に時間がかかってしまうことになります。


お子様の虫歯を防ぐためには、仕上げみがきをきちんとして、定期的に検査を受けることが重要なのです。


当院では、小児歯科治療を行っております。
お子様の虫歯や定期歯科検診など、お気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年10月 3日

虫歯が進行して神経にまで達してしまったときに、根管治療が行われます。

一般的に「神経を抜きましょう」と歯医者さんから言われたら、根管治療が始まると思えば良いでしょう。

もちろん、そのままその歯医者さんで治療を受けても良いですが、そのとき、少しだけ調べて欲しいことがあります。

それは、その歯医者さんが根管治療に対して設備と技術を備えているかということです。

根管治療は、治療を受けた人の2人に1人程度再発するとも言われている難しい治療です。そのため、設備と技術が揃っていなければ、再発してしまうかもしれませんし、残せる歯を失ってしまうこともあります。

そのため、根管治療を受ける場合、その歯科医師が「根管治療専門医」もしくは、「歯内療法専門医」であるかどうかを確認しましょう。
特に、根管治療のエキスパートの多くが所属している「日本歯科保存学会」に認定されている専門医であれば、安心できます。

院内の壁に掲げてあることもありますし、Webサイトのプロフィールなどに掲載されている場合がほとんどですので、確認してみることをおすすめします。


当院では、根管治療を行っております。
虫歯や歯周病でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年9月26日

歯の根にまで細菌が感染し、膿がたまってしまうような酷い虫歯のときに行う根管治療は、歯の神経を抜き、残った穴を洗浄・.消毒して薬剤を詰めて密閉する治療です。

聞いているだけでも痛そうに感じるかもしれません。
しかし、放置していてはより悪化して、外科的な手術が必要になることがありますので、できる限り早めに治療しなければいけません。

実際のところ、強い痛みを感じてしまう人もゼロではありませんし、多くの人が治療後に違和感や鈍痛を感じているようです。

ただし、治療後すぐに感じる違和感や鈍痛は、詰めた薬剤に対する人体の反応だったり、残った膿を出そうとする反応だったりします。
そのため、一時的(1週間程度)なもので、感じなくなるのが通例です。

もちろん、歯科医師はそれを良く知っていますので、相談すれば痛み止めなどを処方してくれますので、安心してください。

ただし、根管治療は難易度の高い治療です。もし、根管治療を受けるのであれば、専門医で受けるようにしましょう。

当院では、根管治療を行っております。
酷い虫歯などで心配な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年9月19日

歯科医で行う「クリーニング」を行うことで、虫歯や歯周病を予防することができます。

そんな「クリーニング」で行っているのは、主に歯垢と歯石の除去です。

歯垢は、歯の隙間や表面、歯と歯茎の間などに口内細菌が集まって、ネバネバとした分泌物で固まった塊です。
これは、細菌たちが自分たちの生息する環境を守るために作っているもので、歯垢の状態になると、唾液が細菌まで到達せず、せっかくの唾液の殺菌作用が利かなくなります。
また、うがいなどでは簡単に落とせなくなり、細菌たちは歯垢の中でどんどん増殖していくことができるのです。

ただし、歯垢は、歯みがきで落とすことができますので、正しい歯みがきが重要になります。

歯石は、時間が経った歯垢が固まって、石のように固まってしまったものです。
この状態になると、歯みがきで落とすことができず、細菌たちの楽園が完成したとも言えます。日々の歯みがきでは、この歯石になる前に歯垢を除去するようにしなければならないわけです。

クリーニングは、プロの手でこれらの除去を行って、細菌たちが増える環境を減らします。

歯垢や歯石は虫歯や歯周病の原因ですので、定期的なクリーニングによって、虫歯や歯周病を予防することができるのです。

ただし、歯垢や歯石は日々蓄積していくものです。そのため、クリーニングするだけでは、その効果は一時的なものにしかなりません。

なにより重要なのは、日々の歯みがきによって歯垢がたまりにくい状態にすることなのです。

当院では、予防歯科治療を行っております。
お口や歯のメンテナンスでご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年9月12日

インプラント治療はとても高度な治療で、費用も高額になりがちです。
そのため、インプラント治療を受けるのであれば、できるだけ優秀な歯科医師に治療して欲しいと思うのは当然でしょう。

ここでは、そんなインプラント治療を受けようと歯科医師を選んでいる人へ、歯科医師の選び方の一例を紹介します。

・症例数の多さ
そもそも、医者の技術というのは経験によって得られるものが非常に多いものです。そのため、数多くの治療をこなした実績は、判断基準の1つとなるでしょう。

なお、この時、単純な患者数ではなく、どれくらいの本数のインプラント治療を行っているかも合わせて確認するようにしましょう。

・生着率
インプラント治療の場合、埋め込んだ義歯があごの骨としっかり一体となるかどうかがとても重要です。
もし、うまくいかなければ、せっかく埋め込んだ義歯が外れ、より悪い状態になります。そのため、同じような症例数であれば、生着率が高い歯科医師を選びましょう。


・設備
インプラント治療は、外科手術です。
そのため、きちんとした手術室のある歯科医院を選んだ方が安全です。

少なくとも、これらの点を考慮すれば、選択肢は相当絞れることでしょう。

当院では、インプラント治療を行っております。
お口や歯のことでご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年9月 5日

審美歯科治療は、保険適用外の自由診療です。

そのため、健康保険が適用されず全額負担になりますし、そもそも価格自体が医師によって自由に決められますので、「他と比べて割高」に感じることも少なくありません。

では、実際に審美歯科治療は「高い」のでしょうか?

もちろん、保険適用される治療は、全国どこのどの病院で治療を受けても、治療内容や設備が同じであれば、同じ金額です。これは、公的に補償されています。

そのため、医師が自由に価格を設定する自由診療は、金額そのものを見ると高額になるでしょう。

しかし、価格というのは、そのサービスや商品に見合った金額というのがあります。

繁華街の中にあるビジネスホテルが2万円だと高額でしょうが、リゾート地にある有名ホテルが2万円なら安いと感じるでしょう。

そこまで極端ではなくとも、自由診療であれば、保険適用される公的に縛られた最低限の治療に比べて、医師が考える患者様に最適な治療方法を採ることができるのです。その結果、治療結果やその後の回復度合いもまったく違うものになることでしょう。

自由診療というのは、そういうものなのです。

当院では、患者様に適切な治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年8月29日

審美歯科治療は、失われた歯の機能を取り戻すだけではなく、顔全体のバランスも考慮して美しさや整った顔立ちを目指す治療です。

美しさや整った顔立ちを目指している点で、通常の歯科医療とは違っており、それ故に自由診療になって保険適用外となります。

保険適用外となってしまうということは、患者様の負担がそれだけ大きくなりますので、躊躇される方も少なくないでしょう。

しかし、審美歯科治療は、その負担に見合うかそれ以上の効果があるのです。

例えば、歯科矯正ひとつをとってみても、歯並びが良くなったために笑顔や滑舌が良くなり、気持ちが明るくなるだけでなく、就職や進学での第一印象を思った以上に良いものにしてくれます。

また、お口のクリーニングやメンテナンスをしっかりとすることで、口臭を抑え、きれいな白い歯を維持することができますので、物怖じせずに人と話をすることができ、積極的になる人が多くいるのです。

審美歯科治療は、虫歯や歯周病を防いでお口の健康を保つだけではなく、メンタル面でも良い影響を与え、健やかな生活を送ることも実現することができるのです。


当院では、審美歯科治療を行っております。
歯並びやあごのずれなどにご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年8月22日

一般的な歯科治療は、虫歯や歯周病など、健康に関わる口腔内の治療です。

そのため、過去の治療実績やコストを優先し、目立ってしまう金属や、すぐに変色してしまうような素材で治療してしまうことが多くなっています。
もちろん、国民皆保険の範囲内で格差のない治療を確実に行うために必要なことです。

しかし、それの結果、言葉がボソボソと聞こえにくくなったり、笑顔を作れなかったりするなどして、コミュニケーションがうまくできないなど、人前で口を開けることをためらってしまい、日々の生活に支障が出てしまうことが少なくありません。

そんな歯科治療における見た目にも注目して、見た目と機能の両方を改善しようというのが、審美歯科なのです。

治療というのは、機能を回復するだけで終わりではなく、患者様が元の生活を取り戻すこと、欲を言えば、より良い生活を得られるようにすることです。

審美歯科は、まさにそんな「より良い生活を得る」ことも可能な、数少ない治療の1つと言えるでしょう。

当院では、歯科審美治療を行っております。
歯並びや歯の隙間などにご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年8月15日

虫歯や歯周病の治療だけではない審美歯科には、その対応内容によっていくつかの種類があります。

もちろん、治療すべき内容によって治療方法が違うのは当然ですが、同じ治療内容であっても違った治療方法を採る場合がありますので、その内容を紹介しましょう。

・歯が欠けていたり、割れていたり、抜けている場合の治療法
1.クラウンを被せる
欠けてしまった歯にセラミックなどで作った被せ物をして、形を整える治療です。

2.インプラント
顎の骨にチタン製の歯根を埋め込んで、人工歯を取り付ける方法です。主に抜けてしまった歯を補填するために行いますが、敢えて健康な歯を抜歯して歯並びを整えたりする場合もあります。

3.ブリッジ
抜けた歯の隣にある健康な歯に固定する形で義歯を設置する方法です。インプラントに比べて安価でリスクは少ないですが、健康な歯を削るなどして負担がかかる欠点があります。

・歯並びを整える治療法
1.ブラケット
ブラケットと呼ばれる矯正装置を歯に設置し、ワイヤーを通して歯並びを矯正します。金属のワイヤーやブラケット自身が金属ですので目立ってしまうことで敬遠されていましたが、透明なワイヤーや樹脂製のブラケットなど、目立たない手法も行われています。

2.マウスピース
正しい歯並びの型をとったマウスピース型の矯正装置を歯に被せて歯を矯正する方法です。矯正装置を自分で外すことができますので、ブラケット型に比べて制限が少ない反面、治療期間が長くなってしまう欠点があります。

3.セラミッククラウン
問題となっている歯を削って土台として、正常な形、方向にしたセラミック製のクラウンを被せることで歯並びを正常にします。

4.ラミネートベニヤ
問題となっている歯の表面を薄く削って、代わりに薄いセラミックの板を貼り付ける治療方法です。軽度の歯並びや隙間などの治療に使われます。


・歯の黄ばみや黒ずみの治療法
1.ホワイトニング
薬剤などを利用して黄ばみや黒ずみを除去して、歯のクリーニングを行います。

2.ラミネートベニヤ
歯の表面を削ってセラミックの薄い板を貼り付けるため、結果的に歯の色も改善されることになります。


当院では、歯科審美治療を行っております。
歯並びや歯の隙間などにご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。