«  2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年12月12日

「予防歯科」と聞いて、どんなことが思い浮かぶでしょうか?

歯科医によるクリーニングやフッ素によるコーティングなど、治療的な要素が浮かんでくる人も少なくないかもしれません。

じつは、予防歯科の基本は、そんな大げさなものではなく、「ブラッシング」、つまり「歯みがき」に他なりません。

日々の歯みがきをきちんと行い、プラークコントロールをするだけで、歯周病予防に大きな効果があり、すでに発症した歯周病の改善すらすることもあるのです。

そのため、歯科医で子どもに対してよく行われている歯みがき指導を、大人もきちんと受けることをおすすめします。

もちろん、子どもと一緒でかまいません。

歯科医師や歯科助手の指導に従って、歯と歯茎の間を歯ブラシを細かく動かしながらブラッシングすると、驚くほど歯垢が除去されるのが分かるでしょう。

ぜひ1度、親子で歯科医に訪れ、歯みがき指導を受けてください。

その後のお口の健康に大きな影響を与えることができます。


当院では、予防歯科指導を行っております。
お口や歯を健康に保つためにも、お気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年12月 5日

歯科医で歯垢や歯石の除去を行い、口腔内をきれいにしてもらう「クリーニング」は、予防歯科にはかかせない処置です。

一般的に、クリーニングは2〜3カ月に1度が良いとされています。おそらく、多くの方が歯科医にすすめられるまま、その程度の頻度で通っているのではないでしょうか?

もちろん、中にはもっと短い頻度で通っている人もいるでしょうし、回を重ねるにつれて、頻度が少なく(多く)なった人もいることと思います。

ここでは、その理由について、説明しましょう。

そのもっとも大きな要因は、「歯垢や歯石のたまり具合」です。

歯のクリーニングは、歯垢や歯石を除去して、口の中をきれいにすることですので、それらがあまりたまらない人の頻度は少なく、すぐにたまってしまう人は、短い期間に何度も実施しなければいけないわけです。

そして、この歯垢(歯石)のたまり具合を左右するのが、日頃の「歯みがき」です。

つまり、きちんと歯みがきができているかどうかがポイントです。


当院では、予防歯科治療を行っております。
ブラッシングなどの、お口のメンテナンスで分からないことなどがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年11月28日

もちろん、歯石除去などのクリーニングを、必ずしなければいけないわけではありません。

しかし、歯みがきをうまくできない人や歯並びが悪い人などがクリーニングをしなければ、歯垢や歯石がどんどんとたまっていってしまういます。そうなると、様々な問題が起こるのは目に見えています。

そのため、歯科医師はクリーニングをおすすめするのです。

例えば、歯石がたまってしまうことで、次のような問題が発生します。

・歯周病や虫歯になりやすい
歯石がたまると、そこで細菌がどんどんと繁殖します。その細菌の中には、虫歯や歯周病の原因菌も多数含まれていますので、少し気を抜くと虫歯や歯周病になってしまうようになります。

・口臭が酷くなる
細菌が繁殖するということは、それらが発生させるガスが多くなるということです。そのガスはとても酷い悪臭で、それが口臭となってしまうのです。

歯石は歯みがきでは除去できませんので、これらの症状を改善するには、クリーニングするしかないのです。


当院では、歯科クリーニングを行っております。
お口や歯のことでご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年11月21日

人には、必ず噛み方の癖があります。

生まれてからいろいろな食べ物を食べる中で身に付いた、噛みやすい噛み方です。

しかし、もしその噛み方が、片方でばかり噛む「片側噛み」になっていたら、できれば強制して治した方が良いでしょう。

常に決まった側のあごでばかり咀嚼する「片側噛み」をしていると、以下のような問題が発生しやすくなります。

・あごがカクカクとなる(顎関節症の前兆)
・顔の左右バランスが崩れる(眉や口角の高さ、ほうれい線の深さなど)
・片方でばかり虫歯になる
・あごや頬の肉の付き方が違う

顎関節症や虫歯は問題ですが、それよりも顔の左右バランスが崩れてしまう方が、女性には恐怖かもしれません。

しかし、逆に言えば、片側噛みをしないようにすれば、顔の左右バランスが保たれるとも考えられます。顔の左右バランスが良いのは、美人の特徴ですので、片側噛みに気を付けるのは、美人への第1歩かもしれません。

じつは、歯科医では、片側噛みを治すために医療用のガムも用意しています。気になる方は、ぜひ1度歯科医師に相談してみてください。


当院では、審美歯科治療を行っております。
歯並びや顔のバランスなどで疑問があれば、お気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年11月14日

子供の虫歯というのは、とても厄介なものです。

特に虫歯の治療は、泣き叫んだり暴れたりして、とてもたいへんです。

そんな理由もあって、「乳歯はいずれ抜けるから、虫歯になっても放っておけばいい」という親御さんがいます。

しかし、それは大きな間違いです。

乳歯の虫歯をきちんと治療しておかなければ、次のような、永久歯に取り返しのつかない悪影響が及んでしまうことがあるのです。

・永久歯のエナメル質が正しく形成されない
エナメル質というのは、歯の表面を保護する部分です。そのため、エナメル質が正しく形成されなければ、歯の表面がボコボコして穴が空いてしまったり、茶色く変色してしまったりしてしまい、虫歯にもなりやすくなります。

・歯並びが悪くなる
永久歯は乳歯の抜けた後に順番に生えてきます。それは、残った乳歯やすでに生えた永久歯によって位置を調整しながら生えてくるからです。しかし、乳歯が虫歯になって抜けて早々に抜けてしまったりした場合、正しく位置調整ができず、歯が本来の位置からずれた位置に生えてしまうことがあるのです。


乳歯の虫歯だからこそ、早急に治療しておかなければいけないのです。


当院では、小児歯科治療を行っております。
お子様のお口や歯の事でご不安な事がございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年11月 7日

できる限り定期的な歯科検診は受けておくべきです。

患者様の多くは、そう伝えると面倒そうに頷くだけで、実際に検診に来られる方は数えるほどしかいません。

歯の痛みどころか、口腔内になんの違和感もなければ、わざわざ歯医者に行こうと思わないのは当然かもしれません。

しかし、そんな何も問題ないと思っているときだからこそ、お口の中をしっかりと確認しておくべきなのです。

なぜなら、歯の表面は、ほとんど何も感じません。そのため、虫歯菌によって歯が溶かされていても(軽度の虫歯でも)、ほとんどの人は何も感じないのです。

同様に、少しだけ歯周ポケットが深くなっている軽度の歯周病も、ほとんど感じることはありません。

もちろん、冷たいものを口に含むなどした場合に、少ししみることはあるかもしれませんが、多くの人は気にしないでしょう。

そういったときに、歯科検診を受けていれば、早期の虫歯や歯周病を見つけることがあり、すぐに治療して事なきを得ることができるのです。

痛みを感じるようになった虫歯や歯周病は相当に進行しており、治療に多くの時間とお金がかかります。そのことを考えれば、なんの問題も感じないときに、歯科医にきて、サッと治療してしまう方がどれだけ楽かは分かるでしょう。

ぜひ、何も感じないうちに、歯科検診を受けるようにしてください。


当院では、予防歯科治療を行っております。
歯科検診を受けられるのであれば、お気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年10月31日

歯みがきを強くしすぎたり、歯みがきの頻度が多すぎるなどの理由で、歯茎が下がり、歯が長く見えたり、知覚過敏などが起こったりすることがあります。

こうなってしまうと、以前は移植手術や骨再生術などを行わなければいけないと言われていましたが、じつはもっと簡単に下がった歯茎を戻す方法があります。

それは、「歯みがきの方法を変える」ことです。

それまでのように強い力でゴシゴシと歯をみがくのではなく、軽い力で歯ブラシの毛先をこまめに動かし、歯と歯茎の境目に溜まった歯垢をきれいに取り除くのです。

この時気をつけるのは、「力加減」です。

弱い力で毛先を小さく動かし、歯と歯茎の隙間の奥まで歯ブラシの毛先を入れて汚れをかき出すようにします。

そうして、歯と歯茎の間のきれいに保っていると、下がっていた歯茎が戻ってくるのです。

この不思議な現象はクリーピングと呼ばれており、実際に数多くの症例があります。

もちろん、正しいみがき方をマスターするには、きちんと教えてもらわなければいけませんが、正しく続ければクリーピングが起こりますので、歯科医で治療するよりもずっと自然で安上がりでできます。

歯茎が下がっているのを気にしている方は、ぜひ1度、歯科医にご相談してみてください。


当院では、一般歯科治療や歯のクリーニングを行っております。
虫歯など、お口のトラブルがご心配でしたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年10月24日

乳歯が抜けたあとに生えてきた永久歯は、乳歯に比べると黄色く、少し弱い歯に見えます。

それは、正しい感想です。

生えたばかりの永久歯である幼若永久歯は、本来の永久歯よりもエナメル質や象牙質が薄く、虫歯に対する抵抗力もあまりない、弱い歯なのです。

また、生えたばかりの幼若永久歯は歯の根がまだしっかりとしていませんので、その点でもとても脆い歯だと言えます。

そのため、幼若永久歯は、特に虫歯に気をつけなければいけません。

もし、そんな幼若永久歯が虫歯になって、根幹治療を行わなければいけなくなった場合、残念ながら完全な治療ができないという点は、覚悟しておかなければいけません。

なぜなら、根幹治療は、神経を抜いたあとの穴(根幹)を洗浄消毒して薬剤などをしっかりと詰めることで完了する治療だからです。これから根幹が育とうとしている幼若永久歯の場合、根幹がどう変化するか分からないため、完全に詰め物をすることができません。そのため、歯根が出来上がってから、改めて治療をする必要があるのです。

根幹治療は、大人でも負担になるような治療です。そんな治療を何度も経験させるのは子供には酷というものですので、そんなことにならないよう、仕上げ磨きをしてあげるなど、日頃からしっかりとケアしてあげるようにしましょう。


当院では、小児歯科治療を行っております。
お子様の虫歯や歯並びなどにご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年10月17日

乳歯は、永久歯に比べてエナメル質や象牙質などの歯を守る部分が薄くなっています。その上、子供はきちんと歯磨きができず、甘いものを好んで食べますので、どうしても虫歯になりやすくなっています。

それに加えて、乳歯は痛みを感じにくくなっていますので、少し気を抜いてしまうと、神経まで達するような重度の虫歯になってしまうこともあります。

乳歯だからといって、虫歯を治療しなければ永久歯に悪い影響を与えてしまいますので、きちんと治療を受けるようにしなければいけません。

そんな乳歯の治療については、軽度の虫歯であれば、永久歯と同様に患部を削って対処しますが、神経を抜いてしまう必要のあるような治療(根管治療)については、永久歯とは違った対処になります。

永久歯の根幹治療の場合は、神経を抜いた後の穴(根幹)をしっかりと洗浄消毒した後、詰め物を詰めて細菌の感染を防ぎます。しかし、乳歯の場合、しっかりと詰め物をしてしまうと永久歯が生えてくることを阻害してしまいますので、時とともに溶けてしまうような材質の詰め物を行わなければいけません。

同様に、乳歯が大きく欠けてしまった場合、永久歯であればブリッジなどをして欠損部分を補いますが、乳歯の場合はそういった対応を行わず、むしろ欠けた乳歯が抜けやすいように他の歯が移動しないための処置を施します。これもまた、その後に生えてくる永久歯への影響を最低限にするためです。

ここまでのように、乳歯の治療というのは、永久歯が正常に生えるために行うものです。そのため、永久歯とは違った治療内容になることが少なくありません。


当院では、小児歯科治療を行っております。
お子様の虫歯や歯並びなどにご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年10月10日

大人に比べて、子どもは虫歯になりやすいと言われています。

子どもが甘いものばかり食べているせいというのもありますが、じつはそれだけではありません。

その理由に気付けば、少なからず子どもの虫歯を防ぐことができるかもしれませんので、紹介しましょう。

・生え替わりの時期は、噛み合わせが悪くなる
歯がきちんと揃っていれば、日々の咀嚼などで歯がこすりあって食べかす等か自然と取れる自浄作用が働きます。しかし、歯の生え替わりの時期などは大きさの異なる歯が並びますので噛み合わせが良くなく、どうしても食べかす等か残りやすくなってしまうのです。

・歯みがきをうまくできない
前述の隙間が多くなる点も理由の1つですが、子どもが1人で歯をみがくと、みがき残しが多くなってしまいます。そうなると、虫歯になるリスクが大きくなるのは、仕方がありません。

・虫歯に気が付きにくい
乳歯は、永久歯に比べて痛みを感じにくいと言われています。そのため、気が付いたときには重度の虫歯になってしまっており、治療に時間がかかってしまうことになります。


お子様の虫歯を防ぐためには、仕上げみがきをきちんとして、定期的に検査を受けることが重要なのです。


当院では、小児歯科治療を行っております。
お子様の虫歯や定期歯科検診など、お気軽にご相談ください。

http://www.asai-dc.net/

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。