気になる子どもの歯並びや咬み合わせには、早めの対応が必要です

院長あいさつ食生活の変化などから、歯並びに問題のある子どもが増えていると言われます。歯並びや咬み合わせが悪いままでは、歯やお顔の成長にも悪影響を与え、将来大がかりな矯正治療が必要になったり、あるいは口元がコンプレックスになったりすることもあります。

成長してからではなく、子どものときこそ歯並びや咬み合わせを整え、お顔や顎の成長をよりよい方向へ促すことが大切です。

当院では、咬み合わせと鼻呼吸をチェックすると共に、指しゃぶり、舌を前に出すクセ、頬づえなど、歯並びや顔かたちに影響する習癖をチェックして、保護者の方にもきめ細かく指導いたします。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください