総入れ歯

プラスチックでできた入れ歯(保険治療)総入れ歯
保険適用の範囲で作る入れ歯は、床と呼ばれる土台部分がプラスチック製となるのが一般的です。強度を出すためにプラスチックを分厚くする必要があり、そのため熱の伝わり方が悪く、装着時は厚みからくる違和感があります。保険を適用して作るため、費用は安く抑えることができます。

金属でできた入れ歯(自費治療)総入れ歯
床と呼ばれる土台部分に金属を使った総入れ歯です。装着時の違和感も軽減され、金属でできているので熱の伝わり方がよく、食事も美味しく楽しむことができます。保険の制約がないため、見た目(審美性)や口腔機能を重視した優れた特徴を持つ入れ歯を多数ご用意しています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください