むし歯の進行度とその治療

むし歯治療の基本は、むし歯になってしまったところを取り除くことです。細菌に侵されてしまった歯質は、取り残しがないようにしっかりと除去することが重要です。

小さなむし歯(エナメル質う触)...樹脂などを詰めるC1
むし歯菌によって表面のエナメル質が溶かされ、小さな穴があいた状態です。むし歯部分を削り取ったあと、樹脂などで穴を塞ぎます。歯を元の形に整えて、光などを当てて樹脂を固めます。治療が1回程度ですむケースがほとんどです。

中程度のむし歯(象牙質う触)...型を採って詰め物を詰めるC2
むし歯菌がエナメル質の下にある象牙質まで溶かしてしまった状態です。まだ神経に達していないので強い痛みはありません。冷たいものや甘いものがしみたり、触ると痛みを感じたりすることがあります。

少し深く削る必要があるため、樹脂で塞ぐだけでは無理な場合が多く、歯型を採り、削った部分にぴったりと治まる詰め物を作ります。材質は金属や樹脂などさまざまです。詰め物はすぐには完成しないので、治療には最低でも2回程度かかります。

大きなむし歯や深いむし歯(神経に達したう触)...金属などを被せるC3
むし歯菌がエナメル質と象牙質を溶かし、神経まで達した状態です。大きなむし歯や深いむし歯の場合、歯と歯が咬み合う際の力に耐えることができるよう、歯を大きく削って被せ物を被せます。むし歯が深い場合は神経を取り、麻酔をして壊死した神経や膿を取り除く根管治療を行う場合もあります。治療には数回通う必要があります。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください