歯を失う最大の原因は歯周病です

歯周病

「むし歯はないから大丈夫!」「歯ぐきから血が出るぐらいは普通?」このように歯周病を甘く考えていませんか?気がついたときには手遅れということも珍しくないのが歯周病です。

院外の医療機関とも連携日本人の35~40歳の85%、45~54歳の88%が歯周病にかかっているという報告があります。歯周病の初期である歯肉炎には、15~24歳でも約半数の人がかかっていると言われ、歯周病は若い世代でも確実に増えています。

むし歯は痛くなり、見た目でもわかりやすいため多くの人が気にしますが、歯周病は初期の自覚症状がほとんどないため、気づかない方が多いのが特徴です。歯周病に早く気づき、適切な治療と予防を行うことがとても重要です。

●こんな症状に心当たりはありませんか?
・口臭が気になる
・歯を磨くと時々血が出る
・歯ぐきから膿のようなものが出る
・冷たい飲み物がしみる
・歯ぐきが下がってきた
・歯の隙間が広くなった気がする
・歯がグラグラする
・歯ぐきが腫れたり痛んだりすることがある

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください