歯周病の原因はさまざまです

歯周病の原因プラークは、歯の表面に集まる見えない細菌からできているねばねばとした薄い膜。このプラークが張り付いている状態を「バイオフィルム(生物膜)」と呼びます。

バイオフィルムには無数の歯周病細菌が存在しており、この歯周病細菌の出す毒素が歯周病の発生や進行に大きく影響してきます。バイオフィルムが石灰化すると歯石に変化し、歯の表面に強固に付着します。歯石になると、その中や周りにさらに細菌が入り込み、毒素を出し続けます。

悪くなりやすい喫煙者の歯周病
タバコを吸っていると局所の血の巡りが悪くなり、栄養が十分に行き渡らなくなります。そして細胞の自己修復機能が狂い、免疫系に影響を及ぼします。また、喫煙期間が長くなると歯ぐきの色が自然なピンク色から黒っぽく変わり、見た目に炎症が隠されてしまうため気づくのが遅れてしまいがちになります。

糖尿病との密接な関係
糖尿病は、心臓や目などさまざまなところに合併症を起こすことが知られています。また歯周病菌と糖尿病には関わりがあることが知られており、細菌感染しやすくなるため、歯周病も進行しやすくなります。逆に歯周病治療によって血糖値が改善することもわかっています。

過度のストレスがある人はかかりやすい
現代人とは切っても切れないストレス。過度のストレスは免疫機能の低下をもたらし、歯周病の進行を促進させることが報告されています。

歯ぎしり、食いしばりに注意
睡眠時の歯ぎしりや食いしばりは、歯周組織に過度の負担を与え、歯周病の進行を促進させることがあります。

遺伝や体質にも関係
ご両親が早くに歯を失ったり、兄弟姉妹に歯周病を患ったりしている方がいらっしゃる場合は「なりやすい体質」と考えて予防に力を入れましょう。また10代、20代でたびたび歯ぐきが腫れるという方は歯周病にかかりやすい体質と考えられ、要注意です。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください