【進行に合わせた治療】中等度から重度の歯周病

中等度から重度の歯周病比較的軽い歯周病は歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができますが、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、フラップオペレーションなどの歯周外科手術を行います。さらに、重症の歯周病が元どおりになるような治療法ではありませんが、少しでも組織を回復したい場合は、エムドゲインなどの歯周組織再生療法を行います。

フラップオペレーション(付着療法)
歯槽骨の破壊が大きく歯周ポケットが深い箇所は、スケーリングだけでは歯石を取り除けません。歯ぐきを切開して骨から剥離させ、直視下で歯石や感染した歯ぐきを取り除きます。

歯周組織再生療法(エムドゲイン)
ゴアテックスやコラーゲンなどの膜を貼り付けたり、エナメルマトリックスと呼ばれるタンパク質を塗布したりすることで、歯周組織の再生を促します。これは骨も再生できる最新治療で、手術により元の健康な状態と同じ構造で組織を回復させることができます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください