歯周病治療の流れ

【ステップ1】診査・診断(レントゲン撮影)歯周病治療の流れ
歯周病は1本の歯だけでなく、お口の中にあるすべての歯を支えている歯周組織を破壊していく病気です。そこでまずレントゲン撮影を行い、歯槽骨(歯を支える顎の骨)が現在どの程度失われているかを確認します。そして歯周ポケットの深さを測定し、歯周病の進行度合いをすべての歯について調べていきます。

次へ
【ステップ2】プラークコントロール歯周病治療の流れ
歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を除去していきます。歯垢を専用の薬で染め出し、どこに歯垢がついているのかを細かくチェックしていきます。さらにその歯垢を、専用の器具を使って効率よく除去していきます。同時にブラッシング指導も行います。

次へ
【ステップ3】スケーリング(歯石除去)とルートプレーニング歯周病治療の流れ
歯垢が取り除かれ、お口の中が清潔に保たれるようになると、腫れていた歯肉は引き締まってきます。この状態でスケーリングやルートプレーニング(深いポケット内の歯石やその他汚染物質を機械的に除去すること)を行います。重症の場合は、歯周外科手術や歯周再生療法を行います。

次へ
【ステップ4】メインテナンス歯周病治療の流れ
歯周病の治療終了後、再発を予防するためには定期的な健診とクリーニングが必須です。PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)など歯科衛生士による専門的なお口のクリーニングで健康な口腔内環境を保ちましょう。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください