透明なマウスピースで目立たない【インビザライン】

インビザライン3次元コンピュータ画像技術によるシミュレーションに基づき、患者さま一人ひとりにカスタマイズされた「インビザライン・アライナー」を製作。約2週間ごとにアライナーを次々と交換していくことで、歯を徐々に移動させる矯正治療法です。

食事や歯磨きの際には自分で取り外しができます。また、透明なので矯正治療中であることを気づかれにくいのもメリットです。高校生ぐらいから50代ぐらいまで、特に女性の患者さまに多く利用していただいています。ご希望の方、興味がおありの方は、ぜひご相談ください。

※矯正専門医 松岡Dr.が設計しています。

インビザラインの治療の流れ
【ステップ1】カウンセリングインビザライン
歯や歯並びに関するお悩みや問題についてお聞きします。この段階で、疑問やご要望をすべてクリアしておくことが大切です。未成年の方は、保護者の方と一緒に来院してください。

次へ
【ステップ2】アニメーションチェックインビザライン
レントゲンや歯の模型などの検査結果をもとに「クリンチェック」と呼ばれる3Dコンピュータ画像によって、治療開始から完了までのシミュレーションを行います。この際、自分の歯がどのように動いていくのかを立体的なアニメーション画像で確認することができます。

次へ
【ステップ3】アライナー製作インビザライン
検査結果およびシミュレーション結果を米国アライン・テクノロジー社にオンラインで送信し、同社で患者さま一人ひとりに合わせたアライナーを製作します。この段階で、治療に要する個数すべてのアライナーを製作します。

次へ
【ステップ4】アライナー装着インビザライン
歯科医師の観察のもと、各治療段階のアライナー1組を、2週間ずつ付け替えていきます。治療に必要なアライナーの数は人によって異なります。装着時間は1日20時間以上を目安とし、飲食や歯磨き、デンタルフロスの使用時間以外は装着するようにします。

次へ
【ステップ5】歯科矯正終了インビザライン
矯正治療完了後は、整えた歯並びを安定させるために保定装置を使用します。2~6か月に1回通院していただき、担当医が咬み合わせや歯の状態をチェックします。

■インビザラインの症例はこちらから■
インビザライン症例集

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください