歯だけでなく、美しい顔立ちまでを考えた審美歯科

審美歯科健康的な口元には、審美的な要素が欠かせません。当院の院長は「本当に美しい歯や口元は、機能的であり、健康的である」と考え、20年前から審美歯科の研鑽を積んできました。むし歯治療やインプラント治療、入れ歯治療の際にも、自然で健やかな口元になるように審美的な観点を加味しています。

また本当に美しい歯とは、色や形、歯並びがきれいというだけではなく、唇や口元、顔とのバランスがよく、笑ったときの歯の見え方が上品であることが必要です。そして、横顔の鼻、唇、あごの高さを結んだEライン(エステティックライン)に唇の高さが収まるようになるのが美人の条件とされます。

当院では、審美歯科の先進国アメリカでの治療方法を参考に、歯や歯並びだけでなく、唇とのバランスや笑ったときの歯の見え方なども配慮し、美しく上品な口元、顔立ちまでを考えた治療をご提供しています。

技工のスペシャリストとの連携
審美性については、歯科技工士の感性と技術力によるところが大きいものです。当院では、全国的にも高い技術で知られる歯科技工士と連携し、患者さまのお顔、口元、横顔、笑ったときのお顔など、何十枚もの写真と共に的確な指示を行い、最適な歯科技工物を製作いたします。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください