天然の歯と同じように咬めるのがインプラント

インプラントむし歯や歯周病、事故などにより歯を失ってしまった場合、たった1本の歯を失うだけでもその機能性と審美性が崩れ、体全体のバランスにも悪影響を及ぼします。ですから、できるだけ早く、その失った部分を人工の歯で補う必要があるのです。

インプラントとは人工歯根のことで、歯の抜けた部分の顎の骨にインプラントを埋入して支柱とし、その上に人工の歯をしっかりと固定する治療法です。ほかの歯に負担をかけることがなく、自分の歯のようにしっかりと咬めるので、乳歯、永久歯に次ぐ第3の歯として注目されています。

インプラントには、多くのメリット、デメリットがあります。どちらもよく理解した上で、最適な治療法を選ぶことが必要です。

<インプラント治療のメリット>
・しっかり咬む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスのよい食事が楽しめ、心身の健康が維持できる
・固定式なので安定性がよく、食べ物をしっかり咬み砕くことができる
・なくなった歯の大きさと同様の大きさの歯が入るので違和感がなく、しゃべりやすくなる
・周りの歯を削ることがなく、またブリッジのようにほかの歯に負担をかけることがないので、結果として残った歯の寿命を延ばすことができる

<インプラント治療のデメリット>
・インプラントを埋入するための手術が必要
・治療期間がほかの修復物より長くかかる
・保険適用外のため、費用がかかる
・重度の糖尿病などの病気の場合、インプラント治療が行えないことがある

従来の治療法との比較
●ブリッジ従来の治療法との比較
ブリッジは周りの歯を大きく削る必要があります。インプラントは、両隣の歯はそのままでよいので負担がありません。

●バネを用いた入れ歯従来の治療法との比較
取り外しタイプの入れ歯の場合、残っている歯に金属のバネをかけて支えています。違和感があり、ケアも難しく、バネが見えるので見映えもよくありません。また数年のうちに、バネを支える歯が移動したりグラグラになったりすることがあります。さらに顎の骨も痩せてきて入れ歯が合わなくなり、作り替えをする必要が出てきます。

●総入れ歯従来の治療法との比較
総入れ歯の場合、入れ歯を固定する力が弱く、ぐらついたりずれたりすることがあります。そのため、食べ物を咬むために十分な力をかけることができません。咬む力はインプラントの数分の一と言われています。

●インプラント従来の治療法との比較
インプラントは、失われた歯根部分の骨に人工の歯を固定します。そのため、咬む力は天然の歯と同じように骨に伝わります。残っている歯に負担はかからず、インプラントが入っていることで顎の骨が吸収される(痩せる)のを防ぐので、ほかの歯はむしろ保護されます。

また、インプラントは取り外しのわずらわしさがなく、顎の骨に固定されるため力を入れて咬むことができます。食感も天然歯に近く、食べる楽しみを取り戻すことができます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください