原因を突き止め、適切な治療が必要

知覚過敏

「冷たいものを飲んだときに歯がキーンとする」「痛くて歯磨きがおっくう」それは、知覚過敏かもしれません。歯周病が原因のこともありますので、早めの治療が必要です。

知覚過敏とは、むし歯になっていないのに、冷たい水や甘いものなどを口に含んだとき、歯ブラシで触れたときなどに感じる痛みのことです。知覚過敏の原因は、間違った歯磨きや磨きすぎ、歯ぎしりや食いしばりなど。歯周病が原因の場合もありますので、原因を突き止めて、適切な治療を行うことが大切です。

知覚過敏の治療法

間違った歯磨きが原因の場合知覚過敏
間違った歯磨き方法によって、歯がすり減ったり歯ぐきが下がって歯の根が出てきてしまったりすることが原因の場合、正しい歯磨きの方法を覚えて実践することが大切です。

正しい歯磨きで歯が削れたり歯ぐきが下がったりするのを防ぎ、歯の再石灰化を促進することによって知覚過敏を改善します。

歯周病が原因の場合
歯周病が原因で歯ぐきが下がってしまい、歯の根が出てきてしまうことで知覚過敏になってしまうこともあります。正しい歯磨き方法を会得すると共に、原因となっている歯周病を根本から治すことも大切です。

歯ぎしり・食いしばり、咬み合わせが原因の場合
歯ぎしりや咬み合わせに問題があることによって、歯が割れたりひび割れ(マイクロクラック)が入ったりして知覚過敏になってしまうこともあります。歯ぎしりが原因の場合には「マウスピース」を装着し、咬み合わせが原因の場合には歯を少し削って咬み合わせを調整します。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください