顎関節症や外傷も口腔外科の領域です

口腔外科

「親知らずの抜歯が難しいと言われた」「口の中のケガは何科にかかるの?」あまり知られていませんが、お口の健康に欠かせない口腔外科。当院では、口腔外科医による専門的な治療をご提供します。

口腔外科口腔外科は、お口の中で外科手術を必要とする治療に対応する診療科です。歯科では、骨の中に埋まっているような難症例の親知らずの抜歯、歯肉切除や骨移植などの歯周外科、インプラント手術などに関わります。

また口腔外科は、咀しゃく・嚥下・発音などの顎口腔機能全体を扱うため、顎関節症の診断・治療、重度の口内炎の治療、顎やお口の中の病気やトラブルなど、幅広い治療に対応します。

●口腔外科診療例
・親知らずの抜歯
・親知らずの消炎(痛みや腫れを治すために、歯ぐきを切って膿を出す治療)
・過剰歯の抜歯
・口腔内のできもの(腫瘍)の切除
・膿の袋(嚢胞)の摘出
・小帯(上唇小帯、舌小帯)の切除
・骨の塊(骨隆起)の除去

難症例の親知らずの抜歯にも対応

親知らずの抜歯口腔外科で最も多い治療は、親知らずの抜歯です。親知らずは、根が横に生えていたり顎の中に埋まっていたりすることも多く、抜歯をする際に血管や神経を傷つけてしまう恐れがあります。複雑に生えている親知らずの抜歯は特に難しく、大学病院や症例経験が豊富な歯科医師、口腔外科を得意とするドクターに紹介することが多くなっています。

当院は、数多くの親知らずの抜歯を手がけてきた、経験豊富な口腔外科医が仲間に加わりました。難症例についても安全かつ的確に処置してきた実績があり、抜歯後もお口の中を総合的に管理しますので、他院では処置が難しいと断られた方もご相談ください。

過剰歯の抜歯

過剰歯の抜歯通常、歯は乳歯列期で20本、永久歯列期で28本、これに親知らずが1~4本加わります。それよりも多く出現した歯を「過剰歯」と呼びます。過剰歯は上顎の前歯の歯根付近に出現することが多く、真ん中の歯の間に出現したものが「正中過剰歯」、過剰歯が埋まっている状態のものが「正中埋伏過剰歯」で、放っておくと歯並びに影響が出る可能性があります。

そのため、乳歯から永久歯に生え変わる時期に抜歯することをおすすめしています。当院では経験豊富な口腔外科医が適切に治療を行いますので、お子さまの抜歯も安心してお任せください。

口腔外科の専門的な知識と技術で、お口の中のさまざまな問題に対処します

口腔がんの発見
口腔外科医は、長年の研究から得た豊富な知識・技術と病変に対する意識の高さから、高い確率で口腔がんを発見することが多くなります。病変が見つかった場合は、速やかに近隣の専門施設の口腔外科をご紹介します。

顔面骨折の診断
スポーツや事故などによる顔面骨折の診断と止血などの救急処置を行います。必要に応じて、近隣の専門施設の口腔外科をご紹介します。

歯ぎしり・食いしばりの治療
歯ぎしりや食いしばりで歯肉や骨に無理な力がかかると、歯周病を急速に悪化させてしまうことがあります。お口の中を保護するマウスピースを着用するリハビリ治療を中心に、歯にかかる力を軽減します。

顎関節症の症状緩和
顎関節症は、口を開けるときにカクンと音がする、口が開けにくい、顎関節が痛むといった症状がみられます。うつぶせ寝や頬づえ、姿勢の悪さ、歯ぎしり、食いしばり、日常の咀しゃく習慣、ストレスなどの原因が重なって起こります。当院では、痛み止め・筋弛緩薬の内服のほか、原因に合わせたマッサージや筋ストレッチ、開口訓練、生活習慣の改善アドバイス、マウスピースによる治療などを行います。

ドライマウスの症状緩和
唾液の分泌が少なくなってお口の中が渇き、ヒリヒリする症状が現れます。原因として、免疫力の低下、服用薬による副作用、遺伝、ウイルス、ストレス、女性ホルモンの減少などが考えられます。膠原病の1つであるシェーグレン症候群が疑われる場合は、免疫内科医や専門施設と連携して診断を行い、診断確定後は、水分摂取法、唾液分泌促進薬の内服、人工唾液のスプレー、唾液腺マッサージ、プレート法などの治療を行います。

舌痛症(舌がピリピリする)の症状緩和
舌がピリピリするのに、舌の表面は外見上、異常がないのが特徴です。更年期を迎える中高年の女性に多く、ホルモンのアンバランスや自律神経の変調も関係すると言われています。当院では、漢方薬の内服による治療やうがい薬による症状の緩和を行います。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください