親子で楽しく通える歯医者さん

小児歯科

「子どもが歯医者に行きたがらない」「子どもの歯を守りたい」など、お子さまの歯のことでお悩みではありませんか?当院では、痛くない、怖くない、将来を考えた治療で、お子さまの歯を守ります。

甘いものを食べ始める3歳頃から一番奥の6番目の歯が生えてくるまでのむし歯は、保護者の方の責任と言われます。「生え変わる乳歯だから」とむし歯を放置すると、味覚形成や顎の成長などにも悪影響を及ぼします。また、日々成長する子どもは顎や歯も成長するため、歯科の専門家の立場で成長の過程を見極め、適切な対応が必要なこともあります。

そこで当院では、保護者の方をサポートしつつ、成長を踏まえて歯並びなど将来問題になることにも速やかに対応し、お子さまの健やかな成長をお手伝いしたいと考えています。

お子さま一人ひとりに合わせた予防を行います

院長あいさつ当院では、一様にフッ素を塗布するのではなく、むし歯のなりやすさの検査をして、お子さま一人ひとりのオーダーメイドの予防を行います。

たとえば唾液の量が少ない場合、汚れが落ちにくくむし歯になりやすいので、ガムを噛んで唾液の量を増やすように指導します。間食の摂り方や仕上げ磨きについても、お子さまやご家族の状況を詳しくお聞きし、無理なく楽しく親子で歯のケアができるようにアドバイスします。

歯医者さん好きな子どもに育てましょう
初めて歯科を受診するお子さまには、楽しくブラッシングの練習をするなど、恐怖心を取り除いてから治療を行います。将来の歯並びなどに不安をお持ちであっても、当院では乳歯時期からのお口の健康管理のサポートに力を入れています。

気になる子どもの歯並びや咬み合わせには、早めの対応が必要です

院長あいさつ食生活の変化などから、歯並びに問題のある子どもが増えていると言われます。歯並びや咬み合わせが悪いままでは、歯やお顔の成長にも悪影響を与え、将来大がかりな矯正治療が必要になったり、あるいは口元がコンプレックスになったりすることもあります。

成長してからではなく、子どものときこそ歯並びや咬み合わせを整え、お顔や顎の成長をよりよい方向へ促すことが大切です。

当院では、咬み合わせと鼻呼吸をチェックすると共に、指しゃぶり、舌を前に出すクセ、頬づえなど、歯並びや顔かたちに影響する習癖をチェックして、保護者の方にもきめ細かく指導いたします。

小児歯科治療の流れ

【ステップ1】診査・診断、レントゲン撮影
お口の中を診察し、デジタルレントゲンで撮影して治療計画を立て、保護者の方とお子さまにしっかりとご説明します。怖がるお子さまはすぐに治療に入らず、チェアに座るだけにして歯科医師や歯科衛生士とおしゃべりをしていただきます。また治療器具などにも触れてもらい、慣れてから治療を開始します。

次へ
【ステップ2】治療スタート
お子さまが慣れたところで治療を開始します。歯科に対する恐怖心を植えつけることがないよう、ほとんど痛みを感じない無痛治療を行っていきます。

次へ
【ステップ3】治療後
治療が終わったあとは、頑張ったご褒美としておもちゃを差し上げます。歯科治療に対するお子さまのモチベーションを高め「歯医者さんは楽しいところ」という思いを育みます。

次へ
【ステップ4】定期的なメインテナンス
定期健診でむし歯や歯並びをチェックすると共に、お家で上手に歯磨きができるよう、ブラッシング指導も行います。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください