小児矯正は、特にタイミングが重要です

小児矯正お子さまの場合、成長や発育を利用しながら治療が進められるので、よりスムーズに矯正が可能です。子どものうちに矯正すると、歯並びや咬み合わせはもちろん、顎の骨そのものを動かすこともできるので、顔立ちを自然な形に整えることも期待できます。

幼児期の矯正のタイミングを逸すると、永久歯の歯並びが悪くなり、成長してからの矯正治療が必要となるケースがよく見受けられます。成長して矯正の時期が遅くなると、体への負担が大きくなります。歯並びに対するコンプレックスが芽生えることもあり、また時間的にも経済的にも負担が増します。

子どもの矯正は、自然な、本来ある位置に誘導していくことが目的ですので、小さい頃から定期健診を受け、理想のタイミングで矯正していただきたいと願っています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください