歯周病専門医だからこそ!お口の中を総合的に考えたインプラント治療を実践

安全なインプラント治療

重症の歯周病で歯を失うケースを多く診てきた院長は、歯を欠損した際のインプラント治療についても研鑽を積んできました。それは、入れ歯の場合はバネがかかる歯が揺さぶられて悪くなることがあり、歯周病で歯ぐきが弱っているケースではインプラントにした方がほかの歯を守れる可能性が高いからです。

できるだけ歯を残す治療を行い、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行い、ほかの歯を守り、お口全体の健康を守るのが当院の方針です。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください